ヨーイトナ

アクセスカウンタ

zoom RSS H2のリバーマークを習作

<<   作成日時 : 2016/03/18 15:36   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像H2でのんびり散歩をしながら、暇つぶしをするのに良い季節と成りました。 そんなバイク季節なんですが、5月に成ると最後のノーマル免許更新となり、何となく面白くない気分です。 やだねぇ、老人免許とか高齢者免許で枯葉マークなんざぁ。
不本意ながらアラ・セブンティに成るわけで、老いのせいかバイク盆栽にちょこちょこと手を出す様に成りました。 嘗てはエンジンパフォーマンスこそ命で、振り回し乗り遊びを趣味としており、チマチマとしたパーツ交換趣味は皆無でした。 また洗車なんて全くしないのでした。 ところがこの数年の間にワックスを頻繁に掛ける様に成ったり、フェンダーの長さが気になったりと、なんだか知らないうちに盆栽趣味が芽生えているようです。

そんなことで、H2のヘッドエンブレムの盆栽弄りです。 H2のヘッドエンブレムは川崎重工のリバーマークを採用しております。 過給器付きH2が単独カワサキモーターサイクルジャパン製ではなく総合・川崎重工製であることを現しているのでしょう。 それはそれで良いことですが、そのエンブレムにもっと高級感とか芸術性が欲しいと老人の心がぐずるのです。 と言っても難しいことを言ってるのではなく七宝焼きのエンブレムを欲しがっているだけなのです。

ですが少し気がさめると、エンジンパフォーマンスが高まるわけでも無い物に手間暇掛けるのは、何だか面倒だ。。。 なにかで、何処かで、テンションが上がらないと七宝焼きプロジェクトが進まないかも。

先日、百均でガラスペイント成るものを見つけました。 これは古いものではなく、某マスキング専用塗料メーカーが遊び玩具系として開発したとかテレビでやっていたので、たぶんそれだと思うのです。 で、そのガラスの様な質感を利用して何か造作が出来ないかと思ったのです。 そのガラスペイントとエンブレムを眺めることしばし。
・・・・・・・・・・・・
老脳に、薄暗い豆電球が点きました。 
それは透かし彫り形状のエンブレムにベース床を盛り足して、そこにガラスペイントを色差ししたらどうかと。 
んで、先般にやったリヤフェンダー弄りの際のエポキシパテが残っていたので、それでベース床を盛り、そこに色差ししたのです。 半日ほど乾燥させて、ハイ出来上がり。 

画像

まっ、これは七宝焼きのための習作ってことにしておきます。 
でも、数ヶ月もすれば七宝焼きのことなんかすっかり忘れているかもしれません。 なんたってアラ・セブンティでモノタロウじゃなくってモウロクが来てますから。

ところで、この色差ししたエンブレムはオイルエレメント等を通販買いした時のついで買いです。 こうしたオイルドレンワッシャをはじめとした小物品はバイク屋では気が引けて注文しにくい物です。 なのに、今ではそうした気遣いのいらないネット通販が出来ますのでホンに便利です。 といっても、送料の関係で抱き合わせ買いには成るんだけど。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
慣らしも終わり、寒い冬も過ぎたこれから、いよいよH2を楽しむことが出来るのですが、その出力特性に悩んでおります。 いわゆる10000rpm以上のスロットル絞りのことです。 カワサキのハイエンドマシンは10R、14R、H2の三枚看板ですので、そのどれかを突出させるわけにはいかないようで、元々のポテンシャルが高いH2を犠牲にして揃えざるを得ないのでしょう。 その結果が10000rpm以上のかったるさなのでしょう。 
人間の感覚とは繊細なもので、そのスロットル絞りが始まると反射的にシフトアップしてしまうのです。 従来の経験からレブリミット寸前と勘違いしてしまうのです。 音&振動感触でシフトアップしながら回転計を見れば、、、アリャ、回ってねージャン。 速度計を見れば、ゲッ、スピード出てねーダロッ。 

画像
このことは、H2の販売当初から云われていることで、H2オーナーとしてはとても深刻な問題です。 スーパーチャージャー・バイクを欲しがる人たちは、いわばパワージャンキー系が多かろうと思われますので、そうした評が出るのはもっともなことです。 私も本当に悩んでいます。 困っています。。。


で、いろんなショップがそのことに挑戦しております。 従来ならばスリップオン+サブコンで1割がたのパワー上盛りで良かったのですが、H2はスロットル絞りの解放という難題があります。 ECUのプログラムやマップの書き換えが本来の手法ですが、それはバイクの根幹に関わることで、重大なるトラブルが起き得ますので、メーカーがブラックボックス化するのは当然のことです。 一部の車やバイクではマップが弄れる様に成っていると聞きますが、H2にはそれが無いようです。 スロットル絞りはマップだけではなくプログラムの領域も関係しているでしょうから、サブコンからの錯覚信号では対応に無理があると思うのです。

H2のスープアップ承りますってショップを散見するこの頃ですが、公道仕様とか競技専用とかが微妙な言い回しに成っていて、そのショップのスープアップ・スタンスとコンプライアンス・スタンスが曖昧に成っているようです。

今、出回っているH2スープアップ用ECUといえばアメリカの某メーカー製ですが、これは競技用と云えるものでO2センサーや排気バタフライには対応していないようで、これを有効にできない限りはキャタライザー付きの排気系では使用できないわけです。 キャタライザーが詰まっちゃうハズですから。。。
このECUを使用する場合は排気デバイスの無い排気系を使用せざるを得ず、少なくとも車検対応ではありません。 この仕様で遊ぶのは自由ですが、まぁ、時代的に難しいところです。 改造・改良そのものは違法でも何でもありませんが、端っから排気ガスを考慮してないってのはねぇ、ダメだんべ。。。

まぁ細かいことは置いて於いて、ノーマル排気系にこのECUをポン付けしたらどうなるのか。 世にはチャレンジャーが多くて、試している方がおられる様でとても勉強に成ります。

画像

           《 んにしても、12Rのカムは凄いな。 低速でエンストするわナ。 》

他人様のデータを元にしたので詳細は分かりませんが、ノーマル排気系にG社ECUをポン付けすると、スロットル絞りが開放されてレブリミッターまで吹き切るようですが、全体にパワーが落ちるようです。 たぶん燃料が濃すぎるのでしょう。 
さらに、これにサブコンを足して調整するとノーマルパワーカーブのままに、10000rpm以上が吹き切るようです。 それだと一見理想的な組み合わせにも思えますが、O2センサーのオフゆえに二次空気導入機能が働かず、結果としてキャタライザーが詰まることに成ります。

私は欲しいっ、全ての排気デバイス制御が有効にしてスロットル絞りの無いECUがッ。 どうしたら良いのか。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の切望するコトはH2乗りの多くが思っていることでしょうから、、、何処かの誰かがやらかして呉れるでしょう。
んーっと、K社やG社の技術者でH2乗りが居たとすれば、ノーマルのECUじゃ我慢出来んよね。 闇の領域もあるネット時代ゆえに、とある繋がりが付いて、山陽新幹線兵庫駅のベンチ下にガムテープ留めしたECUをゲット出来るかも。 ・・・・相場、50万か。。。


などと妄想遊びをさせてくれるのがH2の楽しみどころかも。 
なんたってH2ビンボーに成ってしまった妄想アル中老人だからな、私は。



    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ●ブログトップページへJump!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちは
そうですか、御大アラセブですか数え年ではですな。
さて、ヘタレな14R海苔はこの前ようやく1速でのリミッター干渉を経験しました
以前すっころんだ交差点の手前で・・・。
きっと調子に乗るなと神様がスロットルセンサーに干渉したんでしょうw
うぞうむぞう
2016/03/18 20:32
うぞうむぞうさん:
リミッターと云うより、トラコンが効いたんですね。 1速だとチョイ・パワーリフトせずに失速気味に成るみたいで。 2速のタイヤ3本分浮かした突進で、心にホルモン注射を打つのももうすぐかぁ。

そのすっころんだ交差点のシチュエーションで、レインモードってどれほど効くんでしょうね。 この辺のレポートが、何処かに在りませんかねぇ。
濡れたマンホール上で全開したらどうなるのか、一応知っておきたいもんですから。
南行@ヨーイトナ
2016/03/18 22:01
こんにちは。過日、南行さんからエールをいただきました、simofuです。
バイクにはいろいろな楽しみ方があるのですね。
まさか、七宝焼きまで繋がるとは!
参考になりました。
南行さんの、安全で楽しいバイクライフが
長く続きますように。
simofu1118
2016/03/19 07:02
simofu1118さん:
あら、コメント有り難うございます。
・・・・繋がると云うより、バイク趣味終焉にビビッて、あれやこれやと慌てているのです。 
んと、もう足腰ヨロヨロでのバイク遊びですから、安全は、、、考えない様にしておりますル。 川崎大師のお札頼みス。。。

simofu1118さんの夫婦バイクライフ展開に期待しております。 チョイ火傷しながらスキルアップするのが手っ取り早い道でしょうから、、、楽しんで下さい。
・・・・・・・・・・・・・
「んーん、そこまでやるか」、「そうした遊び方も在るのか」なーんて記事が楽しみで御座います。
そちらのブログタイトル、大好きです。
南行@ヨーイトナ
2016/03/19 18:45
おはようございます.

12Rはアイドリング出来ているのも不思議なくらいすごいカムプロフィールですね.
H2はECU関係の話をあまり聞きませんが,どうしたものでしょう.

全然関係無いのですが,某バイエルンのエンジン屋製SSのようにニュートラルで3,000rp/mより上は吹け上がらないようにして,どうにか性能を保ったまま車検通るようにメーカーも造ってくれないですかね〜
そうすればそもそもリミッターなんて……
抑えて走ってもコースの騒音規制にかかるくらいうるさいですが.
ゆん
2016/03/25 05:26
ゆんさん:
そうなんですよ、1速では常に半クラ対応の12Rは、、、快感カムです。
そのうちカワサキの周辺から出所不明の解放ECUが出回るだろうと、寝て待つしか無いのカ。

>某バイエルン・・・・SSのようにニュートラルで3,000rp/mより・・・・

エーッ、そうなのっ。 たしかに、日本仕様マシンのパワーが急にフルパワーに成ったのでおかしいとは思ってましたが、そう言うことね。  
VWの巨大不正も含めて、内燃機関の老舗国はどう成っちゃたんでしょう。
・・・・・人間の心に潜む悪魔は、オソロシイ。
南行@ヨーイトナ
2016/03/25 11:42
開放されていないパワーを秘めたマシンというのは、やっぱり気になりますよね。NSRも青黒の線だったっけ?外したら、本来のパワーが出るという話を信じて1度外しましたが、いつもと同じNSRでしたちゃんとメンテされてないとダメみたいですね。僕の中ではすっかり都市伝説です


南行さんのH2は愛称が愛称だけに、もしや、形も何となく似ている、あの大胆なマークを造られるのでは、と軽く予想しましたが、深読みでしたねはは、まさかね。

そろそろ、バイクシーズンなので、ムズムズしてきますね。首都高散歩、お気をつけて!
けむりむし
2016/03/27 21:44
けむりぬしさん:
いや、都市伝説ではないでしょ。 公称45psにして実質60psは間違いないでしょう。 当時のライバルであるガンマのエンジンはアプリリア搭載で60psスペックでしたし。 ホントに驚嘆の馬力よ、、、市販250なのに。

量産エンブレムは象嵌七宝と言われるモノですが、一品物なのでフリーハンド七宝となり、その仕上がり形状がアワビ風に成ると、、、ど、どうしたら良いのでしょう。 ブログ上は良いとしても、町内では紳士のフリで通していますので、見られると困るのです。 ショーンK氏のニュースを見ながら、、、虚と実のバランスに悩むのです。

はい、有り難うございます。 花見の酒も程々にして、バイクもトロトロと流しますだ、歳ですのでぇ。
南行@ヨーイトナ
2016/03/27 23:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
H2のリバーマークを習作 ヨーイトナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる