ヨーイトナ

アクセスカウンタ

zoom RSS H2の燃料計

<<   作成日時 : 2016/04/17 13:16   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像H2で遊ぶのに絶好の季節となりましたと始めたいのですが、気の滅入るコトばかりです。 阿蘇の情報が入るたびに自然の驚異におののきを禁じ得ません。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・もう歳ですので、義援金協力くらいしか出来んが。
今日はお天気が悪いばかりでなく、気も乗らないので、この記事を書きながら過ごそうとおもいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、暑くもなく寒くもなく、春から初夏に向けての芽吹きの季節には、生命細胞が活性化するのか体も柔らかくなり、バイク遊びにはもってこいです。
NinjaーH2でのバイク遊びといっても、茂木や筑波サーキットで走るわけではなく、、、近所をうろつくだけの軟弱ヘタレ者ですが。 トランポ、革ツナギ、フルフェイスのいずれも持ち合わせず、加えてテクニックやスキルが全くないので、近所流しだけに成るのです。 まぁ、私の軟弱さが特異なわけではなく、消費側からバイク界を支えている大半のバイクユーザーは同じようなモノだけどさ。

いつものバイク散歩は、首都高に上がって65キロ程の距離を走り、途中のPAでお茶してバイク乗りと駄弁るだけという、、、とても低レベルのバイク遊びです。 首都高は高架道路ですから首都直下地震ではリスクが大きいのですが、下道では信号停止が多すぎてバイクには向かず、やはり首都高走りに成らざるを得ないのです。

そんな65キロ程の散歩を繰り返すと、3回の散歩に1回の頻度で燃料補給となります。 ZX−12Rの場合は燃料タンクが19リットルで燃費は12.5L/kmですので、3回の散歩で16リットルほどの消費ですから、3リットルの燃料残で余裕でした。 おなじくH2の場合は17リットルのタンク容量にして、燃費が13.0L/kmですので3回の散歩で15リットルの消費ですので、残量が2リットルで誤差を考慮しても問題は無いことに成ります。 一般のアナログ燃料計ならば針を見ながらその減り具合が直感出来て何の問題も無いのですが、H2にはいわゆる普通の燃料計は付いていないのです。 

画像

搭載されているのは残燃料警告灯とそれにシンクロしたデジタル文字警告フラッシュです。 それに加えて燃料消費量表示機能があり、タンク満タン補給時にゼロリセットしておくと累積消費量が解り、理屈としては17リットルを示したところでタンクは空になるはずです。 ですが実際の補給量と消費量表示には誤差があるでしょうから、通常に安心して使えるのはどの範囲なのかよく分かりません。 まあ、消費量が16.5リットルまではいけるんじゃないかと思うのですが、H2の警告システムはかなり前倒しなんです。 仕様書では残燃料が3.5リットルで警告灯がONに成るはずですが、実際には残4.5リットルでONに成るのです。
H2のサービスマニアル等から想像すると、フロート+可変抵抗+バイメタルタイプとか、その他の安定値表示方式スイッチではなく単純接点方式なんでしょうか。 これだと、チャップチャップンと液面が変化すると警告スイッチが早めにONしてしまい、話の帳尻が合うのです。


んで、残燃料が所定値に成ると 「FUEL」 成る文字が大きくフリッカするのです。 これって小心者の私にはプレッシャーです。 VMAXの頃、燃料警告&切替え系の不良でガス欠したことがあり、とても難儀をしました。  インジェクション車のガス欠って未経験ですが、トンネル内の追い越し車線でガス欠でもしたらかなりヤバイはずです。  一定の条件に達したら下道に降りてユル走行するとかの対応が賢明ですが、そうした対応のためにも、燃料計の実質限界値は知っておきたいモノです。

その実質限界値は、実際にガス欠するまで走ってみれば分かります。 

画像

んじゃぁと思い立ってやってみたんですが、、、失敗コきました。 まんず、0.9リットルのガソリン携行缶をリュックに入れて比較的安全な下道周回路をクルクル回ったのです。 一周5キロのコースを4回ほど回ったところで、、、根気が、、、尽きました。 そう、私は根気の無い軟弱アル中老人なのです。 H2のガソリンじゃなくって私のビール燃料が尽きたのです。 この燃料限界値イベントは、またの機会にってことでさ。

この時点での燃料消費表示は15.5リットルで、ガソリン補給量は14.9リットル。 ちょっと差がありすぎる様な。  インジェクション量を積算する燃料計測システムは0.5%の精度誤差との話もありますが、H2の場合はどうなんでしょう。 カワサキに誰か聞いて貰えんでしょうか。。。

一応、今回のことでの思い込み自信として、H2の燃料警告がフリッカしても16リットル迄は安心して走れるんじゃないかと。 0.5リットルのサバ読みして、警告灯が付いても45キロ以上は余裕で走れるだろうと。 
ところでH2の燃費のことなんだけど、首都高を5速で流すより6速で走った方が燃費の良いのが判りましたし、6速からの2段落としで普通に追い越し加速が可能です。 H2には瞬間燃費計が付いてますので即決評価が可能です。 12Rでの6速ではパワーバンドから外れたスカっぽいエンジンフィーリングですので5 or 4速が常でしたし、その方が燃費も伸びたのです。
まあ、12RとH2ではエンジン特性と総減速比の関係から、単純には比較出来ないヤヤこしい話なんだけどさ。 それに両車とも加速を楽しむには3段落としで、H2は3速、12Rは2速と比べきれない変な関係です。 H2の比較評価を仕切れない私は、この先12Rをどうしたもんかと悩み続けています。。。

一応、銚子干物ツーリングでもする時に、燃料警告がフリッカしても焦ることはないでしょう。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
先週に人生最後のノーマル免許更新をしてきました。 次回からは高齢者免許となり、自動車学校等での事前講習が必要となるのです。 ま、5年後の更新まで無事で居られるかも分からないけどサ。

そんな5年に一度の更新毎に、免許センターのシステムが変更になるのは当然ですが、そこの職員の態度がとても変わったのに驚くのです。 かつては、いわゆる威張っていたのに、今ではコンビニの接客と変わらないほど丁寧ですし、その講習内容もとても現実的なモノに成っていました。  かつては悲惨さを強調したドラマ仕立て動画ばかりだったのに、今ではテレビの情報番組風。 時代は変わるんだね。。。

画像

免許更新の時に献血をするのがルーチンで、今回はスカイツリーの所にある献血センターに行ってきました。 献血センターと云えば低層階にあるのが普通ですが、そこは10階に在り、素敵なスカイビュー献血が出来るのです。 免許更新の東陽町駅からスカイツリーの押上駅へは、嘗てなら行きにくい乗り換えでしたが、昨今は相互乗り入れ路線が多くて、スイカの便利さもあって一回乗り換えで到着です。 地上の鉄道ジオラマを眺めてカフェでのコーヒーを頂く献血って、、、時代は変わるんだね。 嘗ての献血バスが、野戦病院に思えますル。

その献血で、ヘモグロビン不足を指摘され、下限ぎりぎりでした。 どうやら、トレッキングでの走り下りが良くないらしい。 行軍貧血という症状らしい。。。

献血を済ませて、浅草でスイーツを買って、上野へ移動して美術鑑賞。 目の保養にと思ってカラヴァッジョ展に行ったんだけど、なーんか、私の心には響かなかったな。 どうしたわけか分からんけど、そうなのよ。

画像

モーターサイクルショーで見たスペシャルマシンとか、筑波山で出会った野生のヤマドリ、はたまた墨田堤の桜並木に向島芸者衆や半玉さん達のが心に響いたな。 私の美意識が下衆な方向に向かっているのか、はたまた老いと枯れにより化けの皮が剥げてきたのかも。
 

画像


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
などとここまで書いてみたが、気は重いな。 阿蘇から学ぶとすれば、本震、余震の区別なく収まるには時間が掛かると云うことか。。。


    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ●ブログトップページへJump!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちは
ガス欠と言えば何度か覚えがありますが幸いに小排気量車ばっかりで助かったのですがリッターバイクは長い距離押せません。
地震の方は申し訳ないけどニュースで見てもチャンネルを変えます、21年前のことがフラッシュバックするからです。
さらにエキセントリックな場面だけを切りとった様な画面と避難所をアップで写す無神経さに反吐が出そうになるからです。

そうそう、ほかにもカッコいいニンジャが居ましたぜ。
うぞうむぞう
2016/04/20 06:14
うぞうむぞうさん:
・・・・・・・もう21年になりますか。
ガス欠は苦い教訓、地震はPTSDやフラッシュバックなどを含めて生命活動に関わることですから比較になりません。 たいしたことが出来ない身が、、、辛いです。

ここ数年は、いわゆる芸術のプロが関わったカスタムが多くなりましたから、その作品の質が美術品として通用するような。 
H2も、私はそれほど良いとは思わないんですけど、通りすがりの老若男女が話しかけてきます。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
愛車全損という傷心のところ、コメント有り難うございます。
南行@ヨーイトナ
2016/04/20 21:38
カブでも訪れた、熊本の友人に連絡を取ったんですが、TVでも報道されてる通り、余震がひどくて、家の中では怖くて寝れないらしく、当分の間は車中泊になるようです

天災は地球に住んでる以上、他人事では済まないですもんね


けむりぬし
2016/04/20 23:51
けむりぬしさん:
あの余震頻度からするに車中泊はよく分かります。 そしてエコノミークラス症候群のこともよく知られているようですが、野戦トイレの設営が出来なければ水分補給をひかえて、、、その知識が生かせません。 
どなたか人混みの中でも設営できるお一人便所設営法を披露してほしいものです。

備えよ常に!、に加えて動物的勘も大事にするってのはどうなんでしょう。 私、今日はヤナ気がするって日は、、、バイクに乗らないんですぜ、ひとには言わないけど。
南行@ヨーイトナ
2016/04/21 00:22
X-4は糞でしたな〜 満タン航続150kmしか走れない 中途半端なドラッカーでしたw
愚者
2016/04/21 09:01
愚者さん:
おう、VMAXと同じ15リットルタンクなんだね。 高速ではPAが上手く繋がらずに頻繁に補給となるのよね。 
でも、ハーレーのピーナッツタンクでツーリングしてるのを見かけますが、あれよりはずーーっと条件は良いけどね。 私なら2L携行缶を背負ってきます。
南行@ヨーイトナ
2016/04/21 20:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
H2の燃料計 ヨーイトナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる