ヨーイトナ

アクセスカウンタ

zoom RSS ZX−12Rのラスト車検、引き取ってきた

<<   作成日時 : 2016/07/24 17:39   >>

トラックバック 0 / コメント 10

ZX−12Rを13年前の購入ディーラーに車検依頼をしてましたが、13日ぶりに完了とのことで引き取ってきました。 このディーラーとの付き合いはこれで無くなるでしょうから、縁の在った事への感謝として菓子折を置いてきました。 12Rの購入に逡巡する私の背中を押してくれた店長は替わっていましたが、現12R乗りの整備主任は無駄な整備を薦めない質実なお人柄で、ずーっと良い整備をしてくれたので、それへの感謝の気持ちを表したってところです。

バイクの整備等をメインとするショップと、新・中古車ディーラー系のお店ではそのサービススタイルが異なりますが、後者との付き合いでしたので余計なサービスは皆無でした。
少しは儲けて貰おうとわざと整備項目を出しても、その整備の無駄さを指摘してくれた上にやんわりと断られてしまう始末でした。 そんなスタンスの人柄が気に入ったので、都合が付けば一杯おごりたいところですが、時間&場所的にそうした条件ではありませんでしたので菓子折と成ったのです。

そうした付き合いのままに13年の歳月が過ぎたのですが、現代のバイクや車の耐久性は恐るべきもので、設計・素材・加工・組立に起因する劣化は殆ど在りませんでした。 一方でオーナーたる私とくだんの整備士の頭髪は著しい変化を見せて枯淡の域に達してしまったのです。 ・・・・・生物としての人間の寿命が50年程とすれば、それを大きくオーバーレヴしちゃった昭和枯れススキなんだからと諦めながら、日本の工業技術の進歩を振り返りつつ感慨深い気持ちになったのです。。 

画像

         《 このお店でもH2を数台も売ったんだとか。 だったらココで買ったのにぃ。 》

世話になったディーラーに最後の別れを告げ、センチメンタルな気持ちを振り切ってバビューンと首都高に上がったのです。 上がってはみたものの、もう近頃の首都高は車が多すぎてヤんなっちゃいます。 ハイパーマシンでは殆ど楽しめないのですが、これも時代の流れ故のコトと諦めるしか無いのでしょう。 
こうなると、最強・最速マシンなどを持ってても宝の持ち腐れ的なところがあります。 もう40年以上も首都高を走っておりますが、最近はあまりにも車が多すぎます。 これが日本だけではなくヨーロッパの方も同じ流れだと聞けば、やはりハイパーSSマシンでは楽しめないと悩んでいるマニアが世界的に増えているのでしょう。 そこで、、、ヤマハ・MT−10とかBMW・S1000R&XRなるパワー遊びマシンの登場なのかナ。 スズキのGSX−S1000&FやホンダのCB1000R等も同類なのでしょう。 あまり、いや殆ど見かけないけど。。。
それに、これのカワサキ版がNinja1000&Z1000とも云えますし、一代限りの異端ブランドであるH2もこの分類に入るのかナ。


画像

そんな戯言をブツブツ云いながら首都高を流れ進み、定番のPAで記念写真を撮ったのです。 こうしたスナップ写真を撮る機会はこれが最後かもしれませんので、忘れないうちに撮っておきました。 ・・・・・・あんがい、これがお弔い時のメモリアル・コーナーに使われたりして。。。 いけねっ、お弔い無用の私にゃ要らないのか。

バイクで遊んでから酎に切り替えて酔い進めば、その妄想速度は12RやH2をも凌ぐのです。 それが、老いさらばえたシワ腹老人がH2を持て余してる絵とか、ペシミズムに偏った妄想なのがイマイチなんすガ。。。。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
12RとH2を差し替えながら車庫入れしていると、声を掛けられました。 通りすがりのギャラリーで、五十代以上と思われるチャリ乗りオッサンでしたが、H2になってからよく声を掛けられます。 それもすぐ先にある中学校の生徒ではなく、通りすがりの年配者ばかりです。 そして決まってH2のデザインが良いと褒めるのです。 嘗てのバイクマニアかと問えば、そうでは無いとのことです。 なのにH2に興味を示すのです。

画像

思うに、たぶんこれだな。 嘗て見たガンダムの印象が脳内に残っており、そこから巨大破壊力・パワーを持つモノへの脳髄的郷愁とか懐かしさが滲み出てくるのではないかと。 こう云うのは潜在意識とでも云うのでしょうか、本人の表層意識には依らないわけで、素直な感情なのでしょう。  なぜか人の脳髄は超越的な美しさや破壊力に惹かれるようで、ある時70過ぎの婆さん二人組が寄ってきて 「カッコイイーネーッ」 って嬉しい様な嬉しくない様な。。。 

で、少し話をドリフトして今年は全国で熊による獣害事件が多発していますが、それは今年のドングリの実が不作で、それを主食とする熊が困って里に下りてくるのが原因だそうです。 元々熊は人間を恐れるらしいのですが、それは彼らの潜在意識の中に人間への恐怖があるからなのでしょう。 きっと太古から熊は人間の食料として扱われてきたのでしょう。 そして狩られる恐怖を繰り返すことによって人を恐れるわけですが、昨今ではマタギや猟師が減ってしまって、その恐怖サイクルに断絶が起きているとすれば、人を恐れぬ熊が現れてくるのも合点がゆきます。

さらに話をアクセルターンさせて、バイクライフも時々恐怖を味わったり、チョイ火傷をしないと大事故を起こすと云われます。 いろんなパターンの危ない目に遭うと、またそれを重ねることによって危険状況や周りのドライバーの心理が読める様になります。 いわゆる心眼にて周りが見える様に成り、防衛・安全運転のレベルが上がるわけです。 後ろから打ち込まれた塚原卜伝が鍋蓋で凌いだ様にサ。 

画像そしてまた話がバックフリップして、私のバイク用体力アップ・トレッキングコースに熊が出るんです。 や、ヤバイのです。 熊なんかには殆ど出会わないから平気の平左ってベテランも居れば、声を出して行けば良しとか、いや熊鈴なんて効かないし五月蠅いから止めろなんて言う熟練者も居ます。 私の様な初心者はどうすりゃ良いのかホンに困ります。 一応の心構えは、熊を見たらゆっくりと後ずさりでその場を離れることデス。 さらに準備しているのは催涙スプレーの速攻迎撃体制と、蛇関連からか先端恐怖症と云われる熊の口喉奥へのストック突き練習です。 

んーと、、、最後は戦う以外に無いんだそうです。 

それと一応、スプレーは熊用のヤツじゃなくって防犯用のヤツね。 ツキノワグマには防犯用でも効果があるんだそうで、グリズリー用のヤツは凶器扱いとかで強力過ぎるらしい。 その防犯用スプレーは他人様に配慮してトレッキング開始時にベルト装着を基本とし、かつスタンバイ時は片手でロックオン出来る臨戦態勢なのです。

画像

     《 片手単純アクションで速攻対応。 早撃ち南行ここに在り。 熊スプレーのことねっ! 》

あとは戦いになった時に腰を抜かすヘタレなのか、恐怖を飛び越えた生存本能で取っ組み合いを制すのかは、、、トント分かりません。

一応バイクなら、どんなバイクでも掛かって来んさいですガ。 リアルで。。。



■■急怒■■■■■■■■■■■■■■■■
凶器と云える200psマシンを売ってるのも異常だし、マスゾエも異常だし、無○○テロも超悲惨だが、、、ポケモンGOは、、、それを遙かに超えておかしいだろっ。
チャリでスマホしてる人が続出の昨日&今日、、、いくらなんでも事故発生は必至。 振り込み詐欺を大きく凌ぐ反社会性を感じます。。。 飲酒運転を助長・黙認するのと同じだろっ。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これが真っ当なビジネスと云えるのかよ。 どんな人間がこれを作ってんだよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ●ブログトップページへJump! 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちは
車検預かりエライ長かったんですね、引き取り日のスケジュール調整もあるんでしょうが、まだ未だ少なくとも2年は乗れるわけですから両妻とも平等に愛してやってください。
ポケモンですが俺ぃらは無料ダウンロード一部課金制のゲームは一切やらないことにしているんで関係ありませんと言いながらエエ歳こいたオッサンが何やってんだと昨日の通勤電車の車内で思った次第です。
うぞうむぞう
URL
2016/07/27 06:10
うぞうむぞうさん:
整備士が足りない様で2週間待ちとなりました。 乗らないからのんびりやってよって云っちゃたし。
腎虚ゆえに二人を満足させるのは、、、無理ッス。
・・・・・・この12Rどうしたもんか、悩みます。

ポケモンやりながらのチャリに出会うと、、、轢きそうで怖いです。
全鉄道会社がびびってるみたいだが、観光寺社では喜んでる所も在るとか。 それは利用者の量的な観点からそうなるんでしょうね。 事故増加率と、賽銭増加率。

オッサン、バアサンがスマホ睨みながら歩いてんだよねぇ。 
南行@ヨーイトナ
2016/07/27 20:59
PAのショット、オヤジの嗜み感が出まくりですねひとライドしたあとの何ともいえないこの余韻はバイク乗りにしか味わえないひとときですもんね僕ももうオヤジの年なんで、激しく共感させて頂いてと


まだガラケー使ってるし、仮にスマホだとしても、まずゲームやることはないんですけど、ポケモンGOですかあ・・・山でも歩いて発見するもののほうがはるかに人生を豊かにすると思うんですがねえ

熊や蜂に遭遇するリスクもありますけど、飯は上手いし、いい景色を見れて楽しいし、こうして見ると山歩きはバイクに乗ることに似てるのかも
けむりぬし
2016/07/28 21:53
けむりぬしさん:
お褒めいただき有り難うございます。
一応、歳相応の出で立ち、立ち振る舞いが必要かと思っております。

幸いなことに、今のところポケモンGOに起因する大きな事故は起きていませんが、スマホを睨みながら歩いてる人を見るとヒヤヒヤします。 ゲーム趣味そのものは置くとして、ポケモンGO+スマホはダメだよね。 なんかポケモンGOは専用機器に進化するのが本商売らしいが。

昨日も筑波山へ行ってきました。 はい、同感で御座います。
今ね、美しい景色に心が洗われるのに足して、、、一句捻ってスケッチに書き込むってスタイルを、、、狙っております。
南行@ヨーイトナ
2016/07/29 09:45
12R,やっぱり良いですね〜
私もA型の12Rには惹かれました.
当然H2にも……

ポケモンGOですが,たかがゲームに良くあそこまで熱中できるなぁ,と思います.前日轢き○しかけました(+_+)

と,話がバタフライツイストしまして
最近はバイクでお山にハマってます.
実家がド田舎にあるので,林道たくさんです.
ゆん
2016/07/30 09:43
ゆんさん:
12R・A1が万人向けで無いとの評で売れませんでしたが、H2遊びばかりで半年ぶりに乗って、その評に納得しました。 典型的なハイカムが極低速では無理よネ。 常に半クラってのを体が忘れるとエンストやノッキング発車となり、、、こいつは余程の好き者で無くっちゃ遊べんだろうと思った次第です。

>前日轢き○しかけました

こんなのどちらが被害者なのか分からんですダ。 くわばら、くわばら。

んんっ、バイクでお山にハマるとはこれ如何に。 未舗装路をS1000RRでは楽しめませんから、ターマック林道なのかな。。。
かのドイツでも300キロ走行が常時楽しめるわけで無いとすれば、やはり、S1000R&XRが出てくるのも納得よね。 これならダート林道もOKだし。
南行@ヨーイトナ
2016/07/30 12:31
12Rは1200ccのSSといった感じのバイクに思えます.
10Rとストロークがほぼ同じとはこれ如何に.
大きな車体からくる安心感と直進安定性には感動しました.
500SSなどから続く“カワサキの本気シリーズ”ですね(笑)

ちょっと考えていたのですが,Ninja H2も675cc3気筒ならもっと良かったかな?なんて思います.カワサキが900super4や初代Ninjaなどで提唱していた225cc/気筒と,SSやKHの3気筒を併せて,軽量コンパクト超パワーの新世代スポーツバイクとして.

いえ,ターマックな路面の林道もあるにはあるのですが,さすがにRRでは……
前日友人からハスクバーナ(おそらくKTM統合前)のTE125なるバイクを譲り受けたのですが,やはりオフロードは楽しいですね〜♪
ゆん
2016/07/31 06:56
ゆんさん:
よく知ってますねーっ。
500SS=マッハVの頃、ヤマハの傑作中の傑作と云われたRX350に乗ってましたが、マッハの低速では壊れてると思ったものです。 それが一旦パワーバンドに入ると ”馬っ鹿じゃないの” が率直な思い。。。
その路線上に12Rも在るんでしょうね。

フフフ、3気筒の考え、同様なことを考えておりました。 新エンジンが理想ですが、2気筒のERエンジンを利用して400から600のスーパーチャージャーで120−180PSの低価格韋駄天マシンってのでも良いですな。 未来の在る東南アジアユーザー向けも睨んで、、、廉価版遊びマシンが望まれまする。

>オフロードは楽しいですね〜・・・・

はーいっ、私も幼少の頃、鈴鹿国際モトクロスコースで遊んでましたので、、、よーっく解ります。 んにしても、ハスクバーナとは、これまた玄人趣味ですねぇ。
とは云ってみたものの、、、ハスクバーナって何処の会社か判らなくなってしまったうえに、TE125のエンジンってヤマハ製でしたっけ。
・・・・・・・・・・・
ハスクの頃、ブルタコやモンテッサもモトクロスで名をはせていましたが、ウィキによるとブルタコは消滅し、モンテッサはホンダに買われたんだとか。 浮き世の流れは厳しいものですが、、、日本のバイクメーカーの強さには驚嘆いたしまする。
南行@ヨーイトナ
2016/07/31 19:06
3気筒,クランクケース内容積が一切変化しないこと,120°クランクの場合等間隔燃焼でなおかつクランクアームが三方向均等に生えている(笑)など,等間隔燃焼になってコンパクトなクロスプレーンクランク4気筒といった感じで結構メリットは多いと思うんですけどね〜
アグスタ F3シリーズの4軸逆回転クランク3気筒は結構気になりました.

ハスクバーナ,フサベルと分離統合を繰り返した上に最後はみんな揃ってKTMですからね〜
このTE125は,カジバ時代の2st125ccのようですが,それ以上はわかりません(^^;
なにせキーシリンダーも無いような車両なもので.

南行さんもオフロードを嗜んでいたとは意外でした.幼少から本格オフロードコースとは……
私も,ホンダQR50というハイ/ロー切り替えつきの遠心クラッチバイクで田んぼを走り回っていました(^^)

今日の8耐もそうですが,やはり日本メーカーはあらゆる意味で“強い”です.
ゆん
2016/07/31 23:11
ゆんさん:
直3、直5、V10なんて技術屋に言わせるとディメリットのが多いとかで、振動対策とクランクシャフト加工が面倒すぎるらしいが、、、現実は、軽自動車は3気筒だし直5やV10のレーシングエンジンもホンダが実証済みと、やってみると能書きとは違うってところが面白いです。
・・・・・RC212VなんてV5だしぃ。

KTMとかロータックスほかオーストリアには優秀なエンジン屋の流れがあるみたいだね。。。

スケボーで遊び始める様な、お子様用エンジンバイクの普及が望まれますル。
・・・・・少年少女は、鯱に乗る。
そして、スペイン並みのバイク社会を。。。
そして、8耐観客35万人の夢よ今一度。。。
南行@ヨーイトナ
2016/08/01 11:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ZX−12Rのラスト車検、引き取ってきた ヨーイトナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる