ヨーイトナ

アクセスカウンタ

zoom RSS 散歩道は、今日も雨だった

<<   作成日時 : 2016/09/12 01:23   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像9月11日の日曜、6時から早朝散歩の予定でした。 3時に起床し、軽いストレッチとゆったりとした朝食の後、お通じで健康チェックしてからのバイク散歩ってのがルーチンです、なのです。 んが、今日は朝の5時頃から雨なのです。 【tenki.jp】 のピンポイント予報通りさに感心しながらも、ならば暫くすれば雨や止むはずだと。 そして地熱で路麺はすぐに乾くはずだと。  なのに意外と長引く雨模様、、、どうしたもんか、もう少し待つべきかそれとも朝酒にして今日の散歩は諦めるべきかと。 ようやく7時頃に雨は止み、10時頃には路面も乾き空も明るくなってきました。 
よっしゃぁてんでバイク散歩に出発となり、定番散歩道の首都高に上がったのです。 ガチャガチャとシフトを上げたり下げたりとリハビリ器具代わりにウォームアップしてると、プツプツと雨粒が来たかと思えば、あっという間にザーザー雨です。 逡巡なく首都高を降りてUターン帰宅をしたのですが、マイ長屋の辺りは青空快晴なのです。 チッ。。。

今年の天気は不安定な空模様が多いようです。 単なる偶然巾の範囲内のことなのか、地球が病み始めているせいなのかは知りませんが、各地の災害を見るに何やら胸騒ぎを覚えます。 リオ五輪の頃、太陽が大爆発したとかで、地球と反対側に爆風フレアが行ったからいいものを、こちら側だったらヤばかったらしい。 電波系が壊滅したかもってレベルで、、、ほんまかいな。。。  (追記:09/13) いかんいかん、リオじゃ無くってロンドン五輪頃のことだとか。 最近は耳の聞こえも悪いし、記憶処理に誤作動が多くって。

近所の荒川が決壊すると、うちの長屋地域は3mも水没するので、わがミルフ号=H2は完全にお釈迦になります。 いやまた、首都高散歩中に直下地震が来て、高架橋が外れればミルフ号との無理心中状態と、くわばらくわばら。 そうした大災害は必至ということに成ってますので、それが来る前にH2を楽しみきらなければ成りません。 だから、昨日のトレッキングの疲れを押して今日はバイクと急ぎ遊んでいるのです。 なのにさ、途中で雨に降られるとは運の無い私よ。 

そうした嘆きの合間に面白い話もあります。 Ninja-H2は弄ってハイパワーを楽しめるマシンで、多くのチューナーがそれぞれのメニューを掲げています。 そんな流れが一年も過ぎ、その流れる方向と質が落ち着きつつあります。 そのスープアップメニューの肝はECUの改造ですが、どうやら本場のアメリカではECU書き換えなんてのはチープなメニューらしいです。 要するにECU書き換えなんてエキゾースト交換のオマケみたいな物で金の取れるモノでは無いってコトです。 
従来のバイクでは、エキゾースト系の改造+サブコン+ECU書き換え等の組み合わせで商売が成立しており、イメージとしては物理的容積の大きいエキゾーストに価格価値が付与されていました。
かわってH2といえば、元々の高出力をECUで大幅に落とした社会常識馬力で販売しているわけで、そのECU書き換えだけでオリジナル高出力が得られるわけです。 となると、物理的容積のあるエキゾーストはメインの改造要素では無くなってしまいます。 ならばとECUの書き換えだけをしたいユーザーが現れるわけで、私もその一人です。 ですがそれでは従来の価格分配設定では金が取れないので、他の物と抱き合わせにしてメニューを設定しているのが現実です。 その価格が30−50万円ほど。。。 

だけど、だがしかし、、、ECUのスロットル絞り部分だけを書き換えたいユーザーが悩んでいれば、、、どうやらそれに答える技術者が現れたらしい。 はい¥50000也。
まだ情報は少ないが、実に目出度いことです。 慶賀の至り也。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今年の荒れる空模様に私の悪運が組み合わさって、雨にやられたのは今日ばかりではありません。 先日、三浦アルプスでトレッキングしていたら、何やら黒い雲が上空に現れザーザー夕立です。 大木の下で傘をかざして小一時間も耐えて再び歩き始めると、、、また黒雲。 またもや傘をさして立ったままの昼食でその夕立をやり過ごしたのです。 

画像

       《 写真右は、ペリーお雇いの日本人画家 (不詳) による風俗画。 》

全身ずぶ濡れのまま、傘でかばいながらおにぎりを頬張れば、雨を降らす黒雲にも負けじと妄想も発達したのです。 第一次世界大戦、厭戦状態の塹壕戦で泥まみれでメシを食う兵士かも。。。 いやまた、ペリーとの交渉で江戸への急ぎ伝令者が雨の中を駆けながら飯を食う姿か。 三浦アルプスってペリーの浦賀が最寄りだしぃ。。。

などと余裕こいた歩き話ですが、雨に降られたH2戻りは余裕ゼロのヘタレ走りでした。
H2にはレインモードがあるのですが、、、操作を思い出すのも面倒くさい。 ほぼスリックなるBS・RS10ではどれほど滑るのか見当も付かないので、カーブが来るたんびにケツの穴がギューッと縮み上がったのです。

もう雨にはからっきし弱い私です。 ロレンソの千倍くらい。。。



    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ●ブログトップページへJump!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちは
>ほぼスリックなるBS・RS10
ってのがどんな感じかカワサキ博物館で撮った実車を見直したんですがカットスリック
ですな。
これでは恐ろしくってドライでも寒い日は嫌です。
幸いに雨の降らなかった日のTOKIOは嫌になるくらい暑かったというからコンパウンド
が程よく粘って気持ちいい走りができたんでしょうね。
こちらは雨が少ないけど何とか給水制限は出なくて済んだようです、今年の天気は東に
行くほど意地悪でしたね。
うぞうむぞう
URL
2016/09/12 20:15
うぞうむぞうさん:
もう、気持ちはアイスバーンです。 凡人の反射神経ではどうにもなりませんからね。。。
そう、ドライならばガムテープ状なグリップですが、脳味噌が茹だってしまってエクスタシー記憶が曖昧ってのが残念なんス。

あら、そちらも水不足でしたか。 こちらでは、雨雲が水源地を外れました、残念!もっと節水をなんて言ってたのに、今では全く話題になりません。 人知の制御出来ることなんて、ほんの少しよね。

南海トラフ**の前に隼で遊びきろうぜッ。
南行@ヨーイトナ
2016/09/13 01:41
いやー、最近の雨の降り方は予測できないですね。
また、高知は降るときはアホみたいに降りますから、
県外ナンバーのツーリングライダーさんなど見かけると、
無事故無転倒を願っちゃいます


マモラ神社なんてのがあれば、必ず年の初めには詣でますが、はは
煙ぬし
2016/09/16 22:37
煙ぬしさん:
水不足も困るが、降りすぎってのもねぇ。 運の悪い九州よと心配してたら北海道までとは、これが自然のゆれ巾範囲内ではなくって人類社会に依るものとすれば、少なくともハイブリット車化を急ぐのを応援しなくっちゃ。

なるほどーっ、雨乞い神社じゃ無くって、豪雨にも負けないマモラ神社ね。

土佐・高知も超ヤバイ地域とされてますから、、、その瞬間に高地トレッキングしてたりと、幸運を呼び寄せて下さい。
南行@ヨーイトナ
2016/09/17 09:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
散歩道は、今日も雨だった ヨーイトナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる