ヨーイトナ

アクセスカウンタ

zoom RSS VTR1000FとH2を乗り比べてみた

<<   作成日時 : 2016/10/17 21:24   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像12RとH2を乗り比べるイベントを春頃から計画していたのですが、野暮用が重なって延び延びになっておりました。 知人からボトボチやろうよとの話があり、あれこれ計画しているうちに、いくつかの心配も出てきて、結局のところ知人のVTR1000Fとの乗り比べイベントにしてしまいました。 
10月16日は最高のバイク日和でした。 今回は空いた河川敷コース等をメインとしたもので、どちらかというと知人のH2試乗会ってところです。 中速域以下の遊び乗りとなり、H2の試乗には丁度良いものでした。 3、4速をメインとした走りで、1、2速の全開はご遠慮頂きました。 危ないからね。

1時間ほどの試乗となりましたが、私はVTRに跨がって我がミルフ号の尻を愛で続けたのです。 なるほど〜っ、H2の走る姿はこうなのか、と。 バックスタイルだと車種がよく分からない場合も多いですが、H2はリヤカウルの形状からよく分かります。 自分で弄ってセミショート化したリヤフェンダーも極めて自然で納得でした。 

後ろから追いかけるVTRには4年前にも乗ったことがあるのですが、25キロほどの重量差がとても楽に感じたのです。 筋力の問題よりバランス感覚の衰えがそう感じさせるのでしょう。 約100PSのエンジンは1速から全開にできてお気楽です。 1速で腕がすっぽ抜けるなんて心配は無用で、バイクを流しながら風を感じるのなら、これくらいの動力性能のが快適だと感じたのです。 そして充分にH2とランデブー走行も出来るのです。 そう感じながら、MT09だとさらに軽くて且つパワーも高いので、、、売れるはずよと納得したのです。 安いし。。。

試乗イベントが終わり、とある道の駅で休憩したのですが、知人が曰く 「思ったよりH2って車体が長いんだねぇ」 。 そうです、我がミルフ号は35ミリもローダウンしてるのですが、それが写真等のイメージとは大幅に異なるのです。 そう、リッキー・ギャドソンなんかのアタックマシンと同じ車高なんよね。 ただし、それだけ下げると尻下がりとなってハイエナ風になるので、リヤフェンダーをショート&アップしてバランスを取っているのです。

それと知人のH2インプレですが、凄い加速でどんだけ速度が出てるのかとメーターを見れば意外と出ていないと。 そうなんです、H2のパワー特性を経験的感覚で測ると意外と速度は出ていないのです。 人間の感覚とは不思議なものです。  例のスロットル絞りを解放しちゃうと、またその感じ方が変わるのかも。。。

ラーメンとコーヒーのパーティーを終え、イベントは終了解散となったのです。 だらだらと夜の反省会などには全く興味が無いので、自宅を9時に出てから午後1時に帰宅とスッキリサッパリ遊びだったのです。

帰りは50キロほどの距離を高速道でリターンです。 嗚呼、ミルフ号がもっと打ってもっと責めてと泣くのでした。。。

そしてビールを飲みながらH2のエキゾーストを磨いたり、ワックスを掛けたりしながらまどろんでいる頃、ツインリンクモテギではロッシに続いてロレンソも転倒していたのです。  どうせこの世は運しだい。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
道の駅でパーティーをするにあたり、ヘルメットを脱ぎワークキャップを被るのですが、その時に一瞬とは云いながら見苦しく乱れた頭髪が公に成ります。 仕方の無いことだと諦めていたのですが、それへの対策品を見つけました。 試乗会イベントから帰宅してアマゾン・クリック。

画像

いぼいぼ突起のヘルメットインナーで、通風用のアイテムとして開発されたようですが、頭髪をぺしゃんこにしない構造なので、薄毛をボリュームアップ整髪している人にも効果があるんだとか。 効果のほどは来週にも判るはずです。 ¥3800と高価ではあるが、1ミリでも効果があれば、、、多いに助かる。 嬉しい。
トゥー・ホイール・クールなるこのインナーはオーストラリア開発でなかなか良い造りですが、もちろん中国製。 んでカラーバリエーションも多い中から中国とは反対の星条旗デザインをチョイスしました。 ユーザー評をみると星条旗柄が評判良かったので。

厚さ8ミリのインナーですから、ヘルメットの被り心地が相当に変わる訳ですが、私の場合は5ミリ厚のスポンジをライナーとして入れていますので、それを外しての装着と成り、、、違和感は無し。 ラッキー。

来週のヘルメットを脱ぐ時が楽しみです。 かなり期待してるのです。


    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ●ブログトップページへJump!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちは
余程信頼しているお友達なんでしょうな、うらやましい光景です。
日本グランプリはCSで見てましたが、やっぱり異次元過ぎてよくわかりません。
ヘルメットグッズは先日NHKでも紹介されてましたね、おしつぶさない効果より通気を確保してそれ以上のダメージを防ぐものかなと思います、俺ぃらの場合お約束通り抜けないぶん白くなってきましたよorz.
うぞうむぞう
URL
2016/10/18 19:55
うぞうむぞうさん:
それなりにスキルのある人には、バイクを貸しちゃうのは昔からです。 時には数ヶ月も交換とか。 セリフは 「バイクは壊してもいいけど怪我はせんように」 です。。。

そのNHKのトピックに飛びついたざんす。 本来は通気性を求めたんでしょうが、そのNHKでもヘアースタイル保持の件を強調してたよね。 バイク乗りのオッサンが助かるーっ、なんて言ってたし。
・・・・溺れる者は藁をもつかむ。

日本グランプリ、、、マルケス、ロッシ、ロレンソ、ビニャーレスのバトルを見たかったねぇ。 4人に神が降りちゃってコーナー毎に抜きつ抜かれつってやつを。
南行@ヨーイトナ
2016/10/18 22:13
今年はロッシのミラクルが見たいと応援してましたが、もてぎ、あっけない結末でしたね何だかんだいって、勝利の女神も若くてイケメンのほうがよろしいのでしょうか

来年も強力なライバルが大勢いるけど、応援しようと思います
けむりぬし
2016/10/20 22:23
けむりぬしさん:
日本グランプリ、、、観客としては残念だったよね。

来年は移籍絡みで楽しめそうですね。 でも、ビニャーレスに抜けられたスズキが可哀想な気がします。 ビニャーレス自身もスズキ・マシンが急にポテンシャルが高まるとは思ってなかったんでしょうが。

ロッシもぼちぼち今後の人生設計を考え始めてんでしょうね。
南行@ヨーイトナ
2016/10/20 23:49
ところでH2くらいになるとサービスマニュアルとかって、購入の際についてくるんですっけ?

過去記事で触れてましたら、すんません
けむりぬし
2016/10/24 00:09
けむりぬしさん:
別途購入で\25000也。

9Rのサービスマニュアルは英語版ならウェビックで検索↓
http://www.webike.net/cg/11527/
和訳本だとC1タイプ用しか無いようですね。↓
http://www.int-murashima.com/?pid=5032079
上記二冊があると理解しやすいかも。
・・・・・・・・・・・・・・・
パーツリストはカワサキの部品検索で↓
http://www.kawasaki-motors.com/parts_cat/
同意→パーツカタログ表示→車種・年式検索(NINJA ZX-9R)→仕向地選択しないで中央のカタログ番号をヒット→タイトルからイラストページを選択=先頭頁は[B-3]

部品番号が判ったら,別サイトで購入↓
http://www.pt-kawasakiparts.com/
カワサキ純正部品通信販売→部品番号から注文→部品注文フォーム→部品番記入

お楽しみ下さい。。。
南行@ヨーイトナ
2016/10/24 08:44
あっ、メンタリスト南行さんスねえ。

情報ありがとうございますいろいろ探したけどウェビックが一番安いですね。


な、なるほど・・・H2の和文版は2万5千円もすんのねあの価格帯のバイクになると、購入時、そこそこ関連物がついてきそうなイメージがあったですけど、けっこうシビアっすね
けむりぬし
2016/10/24 21:00
けむりぬしさん:
シビアとも云えるが、四輪のサービスなんかは異常のような、ディーラーが可哀想なような。
H2のおまけはハンド・ポーチが一個かな。 おまけなんぞではなくてエキゾーストやリヤサスの売り込みを掛けられたナ。
お店によってはメンテスタンドとマニュアルが付いてたらしいけど。。。 
南行@ヨーイトナ
2016/10/25 00:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
VTR1000FとH2を乗り比べてみた ヨーイトナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる