ヨーイトナ

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴールデンウイークに12Rで遊んでみた

<<   作成日時 : 2017/05/05 21:27   >>

トラックバック 0 / コメント 4

今年のゴールデンウイークはとても良い天気です。 この良い季候の内にH2と12Rのダブルヘッダーをしようと計画していました。 5月3日にトレッキング、4日にダブルヘッダー・バイク遊びと青春じゃなく性春でもなくって老春を謳歌しようとしたのです。  しかし、、、そのダブルヘッダー・バイク遊びに挫折したのです。 
まずミルフ号=H2の緊縛カバー等を剥がしてガレージから表へ出します。 次にマン号=12Rのダブルカバーを剥がし、バイクシフターでイザリ出しして表に出す。 そして先に出しておいたミルフ号をガレージにもどして、保安のためにカバー掛けしてロック等の処理。

この時点で、第一散歩を終えてから第二散歩への不安を感じました。 バイクの差し替えって体力より気力が消耗するのです。

とりあえずは出してしまった12Rです。 去年の年末から乗ってませんので、まるっと4ヶ月ぶりです。 バッテリーは2011年11月に入れ替えたショウライ製で、メーカー推奨品より1ランク下の物です。 (初期の推奨品なのです) およそ5年半が経過していますが問題ないはずです。 イグニッションONでいきなりセル始動したのですが5年半前と全く変わりなし。 恐るべし、、、リチウムバッテリー。 鉛バッテリーだと3年が経過した頃に弱り始め、4年が過ぎると臨終となります。 ましてや、半年放置とか4ヶ月放置での再始動は事実上無理というものです。
良いことずくめに思えるバイク用リチウムバッテリーですが、既存メーカーは既存の鉛バッテリー用生産設備を捨てるなんてコトは、そうは出来かねるでしょうから、、、今の様な普及率がもう暫く続くのでしょう。

画像

12Rで風薫る五月の散歩に出発です。 半クラ多用の12R乗りです。 12Rの極低速はエンストやノッキングを起こしますが、半クラぎみのそこの勘さえ押さえておけばフツーの走りです。 H2に比べて異様に軽いクラッチや、マイルドなパワー特性にお気楽な気持ちで遊べます。 パワーが足りないけど、散歩にはこちらのが楽な様な、、、ギクシャク感が無いからね。
隼と世界最速を競うためだった初期12Rと、パワー遊び素材としてのH2はギヤ比の設定も大きく違います。 無理に比較すれば、私の様に近所を走り回るだけの場合、追い越し加速に2速まで落とす12Rと3速で間に合うH2にして、首都高散歩常用は5速の12Rに比べてH2は6速となるのです。 んでも12Rのが敏感に反応しないので楽ーっなのです。 まっ、刺激的でないってコトですが。
また、加速と反対の減速でも大きく異なるので勉強に成ります。  握り締め効きタイプの12Rとタッチ効きのH2とではそれぞれのあり方ですが、実際にはH2のが効きが甘くて怖いのです。  ブレーキそのものより、排気量違いのエンブレ効果と空気抵抗の差なのかねえ。 それにスーパーチャージャーも関係しているのかも。 H2はフロントがしっかり沈んでいるのにスーッと流れて、、アリャリャー、怖ーっ。。。
 

それにしても、この17年落ちクラシックマシンをどうしたもんか。 あと一年以内に結論を出さんとなぁと悩むのです。

定番の首都高散歩をユルユル並足の安全運転で流し、定番のPAでお茶して駄弁って、3時間ほどで帰還となったのだが。 
嗚呼、もうダメ、H2との差し替えはきっぱりとヤメっ。 気力が消失しました。 気がつけばコンビニのビール棚の前にいたのです。 ・・・・・ホントに老いてしまった私です。 老春では無く老醜の極みです。
それに比べて、リチウムバッテリーは衰えを知らない恐ろしいヤツです。 そんなリチウムバッテリーと云えば国産エリーパワー社が注目です。 五寸釘を打ち込んだりライフル銃で撃ったりと、ワザト・ヤラセ詐欺っぽい手法でその性能をアピールしています。 かなりヤバイ会社風ですが、そこはそれホンダとのタッグが効いています。
信用度100%とかトリプルAってヤツです。 H2の次期バッテリーはショウライと固く決めていましたが、あっさりエリ-パワーに変更です。 老人の気まぐれと云うより前に言ったことをすぐに忘れちゃうしサ。。。


      エリーパワー社のデモ動画 https://www.youtube.com/watch?v=UqbOPS8vNFA
      同社の破壊テスト・レポート http://eliiypower.co.jp/news/pdf/20140401.pdf

画像


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
衰えを知らぬリチウムバッテリーですが、H2&12Rのダブルヘッダーに挫折した私のヘッドは衰えるばかりです。 数年前から、その滅び行く草原と化したヘッドをカモフラージュするために帽子を愛用しております。 外出用、トレッキング用、バイク用と且つそれぞれに汎用と夏用を揃えていますので、全部で9個程あります。 殆どが通販買いですのでサイズやデザインと機能性に於いてイマイチのこともありがちです。 
とりわけ夏用では納得の行くものが少ないので、この際オーダーメイドをしてみました。 フルメッシュのワーキングキャップです。 かなり気に入ったので、デザイン&カラーのちょい違い物を再発注しちゃいました。 バイク用に足してトレッキング用です。 こうしたモノのオーダーメイドとはネットで無ければなかなか見つけられません。 ホンに便利な時代です。 約¥6000也。

画像

デコレーション無しでシンプルすぎるので徽章を付けたりピンバッチを刺して飾ってみました。 このフルメッシュ帽子で、猛暑下での蒸れを防いで滅び行く草原の寿命を少しは延ばせるかも。。。

これって、歳不相応の色気ではなく、ヘルメット脱ぎの見苦しい頭髪をさらして他人様に不快な思いをさせない為の、、、たしなみってもんです。。。


    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ●ブログトップページへJump!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちは
首都高でのゆるゆる並足安全運転ってのが追っ掛けられる程度だったのか緊急手配で路線封鎖待ち伏せ逮捕な速度だったのかは画面のこちら側ではわかりませんが今までの記事で捕まったお話を聞かないので安全運転なのでしょう、多分。
それにしてもオーダーのメッシュキャップが6000円ねぇ、しかもネット注文ってことは形状指定とアタマの外周と被り深さ寸法だけなんですよね、ネット注文が怖い俺ぃらには考えられない冒険ですな。
うぞうむぞう
URL
2017/05/06 09:04
うぞうむぞうさん:
いけません、いけませんヨッ、暴走、爆走は。 法定速度を基準とした現実的安全速度運転を心がけましょう。 楽しい高性能バイクはサーキットで走らせましょう。 
大人になったら、安全運転の模範を示すよう心がけるのは当然ですが、かのアウトバーンの安全速度を知るにつけ、その安全運転とは何かと考えさせられます。 
あのう、、、私は南行で、、籠○ケではありませんからね。

私がチョイスした工房はサイズからデザインや布地やツバ形状などなど、かなりヤりますです。 仕上がりは海外委託物とは異なる真性メイドインジャパン品質です。 愛知は岡崎のとある帽子工房ですが、AAAです。

・・・・・・・・・・・・・
前文と後文の組み合わせが不味かったな。 某工房の実名を披露したかったが止めときます。 ここは一つ ”うぞ”さんのイマジネーションにおすがりする次第です。
南行@ヨーイトナ
2017/05/06 16:57
2台並ぶと、物凄い迫力で畏怖を禁じ得ないス

これで10Rと14Rが並んだら、完全に聯合艦隊ですね僕の9Rも脇を固めましょうか。

エリーパワーの銃弾貫通試験は軍事面で二−ズが期待できるみたいですね、米軍関係者が飛んできたとか

大型バイク市場もターゲットだそうですが、9Rに合うやつは作ってくれるのかしらん
けむりぬし
2017/05/06 22:59
けむりぬしさん:
ありがとうございます。 そうねえ、今の2台体制はとても贅沢なことで、私のバイクライフの頂点なのかもしれません。
これって老南行が鈴木京香さんと長澤まさみさんとで食事をしているとか、坂本冬美さんと藤あや子さんに挟まれて熱唱している様なことなのかもしれません。
ならば、、、ナマ天国とかリアル天国ですわな。 ククッ。

そこへけむりぬしさんが9Rで登場すれば、さらに中山忍さんや伍代夏子さんを迎えるようなものか。 私・・・明日にでも病院行きかも。

そうかぁ、米軍が飛びつくのは在りですね。 さらに鉛バッテリーに引導を渡しちゃうかも。 鉛バッテリーも銀塩写真と同じ運命をたどるような。。。

条件的には、こちらよりそちらの方が先に買うんじゃないでしょうか。 外径サイズ的にはCBR1000RR用のHY93がH2に搭載可能ですので9Rでもいけるんじゃないでしょうか。 あとはHonda DREAM店での購入如何ですル。
南行@ヨーイトナ
2017/05/07 09:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゴールデンウイークに12Rで遊んでみた ヨーイトナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる