ヨーイトナ

アクセスカウンタ

zoom RSS バイク遊び、さまざま

<<   作成日時 : 2018/01/14 18:50   >>

トラックバック 0 / コメント 5

寒さが身にしみる時期で御座います。 懐も寒くて余計に冷えが堪えます。 よほど気力を奮い立たせないと、バイクを引き出せません。 天候がイマイチだとか、道路渋滞がヒドイとか、体調がいまひとつスグレないなんて理由付けをして日和りがちとなります。

そんなブル寒の今日のこと、気力を奮い立たせてバイクを引き出していると、近所の老婆が問うのです。 「よくこんな寒い日にバイクに乗るねぇ」 と。 答える私は 「なぁに、このくらいなら暖かいほうでしょ。 子供は風の子っ、、、バイクでぶっ飛ばすと丁度イイんですょ。」 が常套句となっています。 バイク絡みだと、つい虚栄心が出てしまうのです。 未熟なことです。。。

ちょっと走り出すだけで涙がチョチョ切れる寒さですが、出発した限りは仕方がありません。 H2はエンジン音が五月蠅くてオマケに独特な音がするのですが、、、それが徐々にハミングに聞こえてきます。 
We Will We Will Rock You We Will We Will Rock You
さっきまでヨレヨレ老人意欲だったけど、急速にバイク少年エイリアンがムクムクと内側から盛り上がってきます。

H2も一応電脳マシンでトラコン、クイックシフター、ABSが機能しますが、私の体が勝手に反応するところの自主トラコンや減速も含めた自主クイックシフターや指が敏感リリースする自主ABS等が合わさって、、、オート・自主混合複雑な操作をして遊びます。 考えてではなくて体が勝手に反応するのは、バイリンガルが複数言語をゴッチャで話すのと似ているのかも、、、とか、こんな感じなのでしょう。 

だが、今日の寒さの中、バイク少年エイリアンの完全出現とは成らなかったナ。


寒ッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・酒の世界に逃げこんで 
日本はバイクに関しては世界最強の技術国です。 四大メーカーが世界中で生産する量と技術は世界を圧倒しており、その流れは50年程も不動のモノと成っています。 しかしながら、そのバイク社会環境とかバイク人気や社会認知度となると、けっして世界レベルにあるとはいえないわけです。 
その内実や詳細などは語るまでもありません。

国土の狭さに加えて山岳列島の日本では仕方の無いことかもしれませんが、バイクで走る環境は寂しいものです。 他国の環境に羨望する気持ちは、ネット時代の動画等で余計に強くなります。 とりわけ、速度無制限のアウトバーンと一般道扱いのフリーサーキットであるニュルブルクリンク・北コースには、涎が出てしまいます。 バイク&カーとエロ&猥褻等に関しては、日本的なグレーゾーン解釈されている今現在に忸怩たる思いを強くするのです。

さぁ、そのフリーサーキットであるニュルブルクリンク・北コースとアウトバーンの動画で三題。↓
 

画像

      《 左 ニュルブルクリンク・北コースをNinja:H2でぶっ飛ばす ティム・レーティッヒ 》
             https://www.youtube.com/watch?v=m5iyD14RkI8
      《 右 ニュル北・体験ツーリングをBMW::S1000RRで引っ張るインストラクターか? 》
             https://www.youtube.com/watch?v=iMj4kU5noH4
      《 NinjaーH2でアウトバーンを高速ツーリング。 こ、これで合法走行なんだってサ 》
              https://www.youtube.com/watch?v=SJSKh3JLR6k

面白い動画ですが、、、ネット時代は厳しいモノでして、BSテストライダーのティム・レーティッヒにきつい評価が出てたりします。 2011年にZX−10Rの同様な動画と比べると鋭さが無いと。 マシンのせいか、ライダーの歳のせいか。。。 嘗ての動画は→ https://www.youtube.com/watch?v=JHC55aqDxb0


上記の例は緩急極端な例ですが、普通のマニアだと↓のような写りに成るのでしょう。 どうだ俺の走りはロッシ級だろって気分の良いところを瞬殺抜きされます。 ヒェーッ。

画像

       《 ニュル・北コースを攻めるマニアを一瞬で抜き去るプロか   0:13 秒頃 》
              https://www.youtube.com/watch?v=SK_CF0DL-q4

・・・・・・・・Youtubeを肴に呑みながら、、、気がつけば、しばし午睡。
・・・・・・・・酔いざめしながら、嗚呼、自分のバイクライフの小ささに滅入ってしまうのです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ところで、ブル寒の今日は新アイテムを試しました。 アマゾンで購入したネックウォーマーです。 冬期に首が寒いのは老齢になると辛いもので、若い頃を思うとその耐寒度は雲泥の差です。 40代でも小雪がちらつく中を名古屋から東京まで燃料補給ストップのみで走ってたのが嘘のようです。 そんな寒い首に、バイク雑誌の付録で貰った薄ペラのネックウォーマーで凌いでいたのですが、、、ここでもう一つ本格的なヤツにしてみたのです。

ネックウォーマーですので¥1000程の物ですが、やはりオマケ物とは違いました。 防寒効果に加えてその使い勝手が違いました。 寸法及び伸縮性が丁度良くて、実質的に人生初のネックウォーマーを経験することになったのです。 良かった−。。。

画像

下は厚靴下に足裏用ホッカイロ、それにアクリル股引とアクリル下着に革パンとポロシャツを纏って、あとは防寒ジャケットです。 さらにZIPPOオイルカイロを抱いて、これで着ぶくれ無しのスッカスカのスッキリ動きを確保しているのです。 そこに今回のネックウォーマーで一つの完成形となりました。 と云っても、首都高散歩を小一時間の話だけど。。。 とてもレベルの低い話です。 雪景色の中のロングツーなんて、、、あり得ないコトですぅ〜。

今回のアマゾン買いに、よく在るついで買いした物があって鼻毛カッターなるものを入手しました。 老齢化とともに鼻毛が伸びがちで鋏カットを常としているのですが、やはり限界があって毛抜きをする場合が少なくありません。 鼻毛抜きは抜け痕からの細菌感染のリスクが高いので、、、ヤってはいけないことと知りながら困っていました。 で、電動鼻毛カッターをゲットしました。 使って二日目ですが、鼻がスッキリお花畑です。 

H2より先に買うべきだったと残念に思うのです。 ヘタこきました。。。


    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ●ブログトップページへJump!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちは
自分では過去記事に幼ケリンク貼るくせに人の記事のリンク先はあまり参照しないようにしているんですよ、色んな人がいるからね。
しかしながら、>>0:13 秒頃ってのをふと見たくってクリックして再生すると…。

洋の東西を問わず「キチガイ」はいるんだね、抜かれたことを喜んでアップする前に何か感じないのかね、しかも一応公道でしょ、クローズサーキット並の場所だろうけど飛び出しや直前横断の心配はないのかねぇ…。
うぞうむぞう
2018/01/16 06:18
うぞうむぞうさん: 
ダンさん、何を勘違いしてるんですか。
これこそ、ドイツのフリーサーキットです。 その名も高きニュルブルクリンク・ノルドシュライヘ(北コース)でバイクマニアの常識です。 2輪4輪混走で左抜きルールです。 抜いて下さい合図は右ウインカー。 バイク&カーマニアの常識です。 当記事のリンク先は、全て合法モノです。

ダンさん、何を勘違いしとりますねん。
BMWパーツがヨーロッパから1週間で届くわけ無いでしょ。 混載コンテナの荷物を全〜部検査するんだからぁ。
 
南行@ヨーイトナ
2018/01/16 06:53
ps:
ウィキのニュルブルクリンク記事の後半部にある「北コース」→「一般開放」の項によれば、1周が約¥3000。 ドイツ道路法が適用されるが、制限速度は無し、、、だってサ。 
だけど、パッシング煽りは禁止にして自動車保険も適用されず。
            →右URL参照
南行@ヨーイトナ
URL
2018/01/16 07:32
>ニュルブルクリンク・北コースをNinja:H2でぶっ飛ばす

豪気な遊びですねえ転んだら一発廃車&怪我の可能性大なのにさすがにこれは真似できないや走行後に飲む珈琲が物凄く美味いんじゃないかと思います

3速までの全開加速なら快感を共有できそ
けむりぬし
2018/01/16 21:29
けむりぬしさん:
貸し切り走行だから、気持ちよく遊んでます。 
私だったら2周もすればお腹いっぱいに成ると思うのです。 その後はやはりドイツビールを頂きたいです。

だからね、鈴鹿の早朝時にETC対応のフリーサーキット・タイムが欲しいと思うのです。 コースイン車両は10台位でサ。。。

う〜〜んっ、けむりぬしさんの定番コースって、ニュル・北コースとその内実は同じような形態だよね。 その快感加速の途中にカフェ付で、勝っているかも。
南行@ヨーイトナ
2018/01/16 22:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バイク遊び、さまざま ヨーイトナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる