ヨーイトナ

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘルメットバッグを新調

<<   作成日時 : 2018/05/16 08:22   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像2018のゴールデンウィークも過ぎ、暑すぎたりする日も多くて老体には厳しいこの頃です。 とうとう齢70となりお迎えも現実的なものに成りつつあります。 その70と成る前日に人生最後の献血をして、寂しい現実を確認したのです。 
一年ほど前に献血した時、ナースと残りの献血回数も限られていると話していたら、、、最後は70歳に成る前日が面白いと云われたので、、、おお、それよと実行してみました。 

んで、受付で最後の献血を申し込めば諸制限ゆえに全血取りは出来ないとご託宣、ショックを受けながら詳しく聞けば、成分献血なら可能だと。 選択の余地は無いので久しぶりの成分献血を申し込めば、規則が変わったとかで事前心電図検査を受けることに成りました。 
健康診断なんて行ったことの無い私には、人生初の心電図取りと成ったのです。 これでOKだろうがNGだろうがどちらでも記念に成ると、少々ラッキーな気分となったのです。 一応OKとなり、ナースと駄弁りながら1時間ほどの成分献血を味わったのです。

てなわけで、ナースとパ写ッとして記憶に残る最後の献血イベントと成りました。


そんな、最後の献血も終わってしまったヨロヨロのアル中性老体ですので、バイクがとても重く感じられ、メガマシン・バイクライフも何時まで続けられるのか判らない状態です。 おぼつかない虚弱状態ですから1ヶ月後の車検時にはマシンよりそれを段取りする自分自身の方が面倒です。 
ショップに車検委託してから帰るに、ヘルメット等を担いでのテクテク歩きですのでそれの段取りです。 もちろん着替えなどせずに革パンにブーツのママで帰るのですが、ヘルメットが持ちにくいんです。 ヘルメットの形状とその重心のせいで取扱いがしにくいのです。 ヘルメットをトートバッグに入れれば良かれと思われますが、ヘルメット頭頂部を上にしてその上からワンカップとか文庫本を入れると滑って裾へ落ちるんです。 今迄はヘルメットの上に小型洗濯ネットを置いてその中に小物を入れていました。 更にはトートバッグの側面にポーチを付けて焼酎スキットルなどを入れていたのです。

ですが、そのヘルメットバッグは百均のトートバッグが元ですので、10年以上の使用でヨレヨレに成ってしまいました。 そこでもう少しマシなバッグはないかとネット探ししていたら、、、レジ籠対応トートバッグにピンと来たのです。
レジ籠用トートならヘルメット収納に充分なマチ巾があるし、上部が巾着ネット仕様に成っており、私の使用方法にはピッタリじゃないかと。。。


もちろん、ヘルメットバックは多種多様なものが市販されていますが、私の使用スタイルには合わないのです。 ヘルメットとちょい小物を収納出来て即取り出しが出来るうえに、小さく折りたためるヘルメットバッグって在りそうで無いのです。
ま、革パン+レーシングブーツのまま電車バスで横浜や新潟まで平気で行くヤツは、そうは居ないからネ。 そうした道行き者が多ければ ”特殊高機能” ヘルメットバックの需要も在るのでしょうが、そんな需要は少ないことでしょう。
 
その昔は未熟な羞恥心から、大型バックに着替え一式を入れてたが、詮無いことよ。 ってより、ライディング時はその大荷物をタンデム縛りとなりますから、とても乗り遊びがしにくいしぃ。
 

画像

さあ、アマゾンから届いたトートバッグのお試しです。 内部に手袋と小型リュックを押し込んだヘルメットをトートに入れて巾着ネットを絞ります。 そのネットに焼酎スキットルと文庫本を置いてみれば、、、おお素晴らしい。 さらにその上にメッシュジャケットを置けば完璧です。
ここまでは、レンタルバイク屋とか車検依頼ショップへのテクテク行き帰りですが、バイク乗車時にはこのトートバッグと小物類を小型リュックに収納するのです。 そして、小型リュックのサイズも検討を重ねてピッタリサイズのものです。 だって、バイク遊びにぶらつくリュックじゃ尻ずらしが決まらないからね。 バイク遊びには 「寸鉄を帯びず」 をモットーとしているのですが、タンデム積載が不可のH2では仕方が無いのです。


このトートバッグと小型リュックを合体させた2WAYトート成るものも在るのですが、リュック仕様に変身させた場合の形状が上手くないのです。 コンパクトに背中に張り付かないのです。 後ろにズタ袋背負いでは、、、遊び楽しめませんガナ。
あ、それと、トートにもリュックにも当庵の紋章ステッカーを付けて ”私” を主張してみました。 過日、電車の中で見たJKのリュックに刺激されてサ。 そのリュックの後部メッシュポケット内にミッキーが住んでおり、普通の吊り下げ剥製スタイルとは異なった自己主張を見たのです。 やはり ”私は私” を見るのは楽しいし喜ばしい、嬉しい。 当庵の紋章ステッカーも ”私は私” スタイルだし。

さあ、これで来月の車検依頼も、70歳記念のホンダ・NM4レンタル遊びも、ドンと濃いじゃなくって、来いです。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■
こんな前期高齢者真っ只中の私ですから、ドンと来いと云ったって危ういものです。 ローダウン仕様H2と云えども足つき性に難儀している私は、シートの滑りに注意を払っています。 足つきは平坦路ばかりではなく、様々な凹凸路面に対応しなければ成りませんが、大抵は尻を滑らせて凌ぐわけです。 
そんな尻滑らしが革パンではヤバいのです。 H2のシート形状のせいか妙に引っ掛かるのです。 蝋ワックスやダッシュボード用クレ・ポリメイトを塗っているのですが、なかなか満足出来ずにあれこれ試しているのです。 チノパン時の滑りを目指しているのです。。。

画像
 
今回、工業用金型離型剤を試してみました。 特殊な物では無く単なるシリコンスプレーです。 それなりに効果はあるが乾くと白っぽくなりますのでポリメイトを重ね塗りしたりします。 何が何だかよく判らないままに研究中なのです。
シートが滑るとハードな攻め乗りが出来ないと云われますが、ヘタレアル中の遊び乗りですから、滑った方が良いのです。 尻ずらしに大げさなアクションをせずにツルッと滑らせられるし。

シート前部の絞り部に関してですが、天辺水平部から絶壁落ちする角がきつ過ぎる気がするので、ここを何とかしたいなぁと思っているのです。 シートを新規購入して自分で弄るべきか、専門業者に相談すべきか、どうしたら良いのでしょう。 それもこれも、もう少しの足長が足りないせいだが、70爺の嘆きなど糞の蓋にも成りません。 もう、開き直るしか在りません。。。

どうだ、トップアスリートと同じく、堂々たる股下寸だろっ。。。


    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ●ブログトップページへJump!
    ■当ブログはPCモード表示用の背景構成と成っています



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちは
写真の縮尺というか変形率というか…、まぁご本人が満足ならそれはそれでw
それにしてもノリのいい看護師さんで…、うらやましおます。
きっと毒がないことを天性の勘で見抜いたんでしょうね。
うぞうむぞう
2018/05/17 19:00
うぞうむぞうさん:
縮尺も変形もしていないのです。 中央のメッシのせいで私が普通に見えるのです。 
いわば錯覚でして、右端のメッシをご覧あれ。→URL 

毒が無いと云うより、、、種尽きが明白だからかも。
好みのナースが担当になっても、股阿蘇山の心配がありません。

・・・・・・・・・・・・
ps:どういう訳かURL欄が消えてしまいます。 今後とも懲りずにご記入下さい。
南行@ヨーイトナ
URL
2018/05/17 20:31
NM4って、DNー01っぽいコンセプトかしらと思ったら、一応そうなんですね。2008年のもてぎで跨ったときは悪くないなと、思ったのに、わずか2年で生産打ち切りとは驚きました。アダルトなオヤジにウケるんじゃないかと思ったんですけどね。僕も「セカンドバイクなら欲しい」って当時書いてたし


もしや、H2の次はコチラ系狙いですか?それも絵になってていいかも



けむりぬし
2018/05/18 21:18
けむりぬしさん:
DNー01はデザインがうけなかったし、パダリーニ式変速機の味も刺激無しでしたし。
NM4、鎌倉のお洒落なレストランに駐まってたのに心惹かれてねぇ。
まずは乗ってから評しようと思ってサ。
希望じゃなくって妄想は、、、電動アシスト・ターボチャージャー搭載で180キロ・リミット迄が国内最速のやつで遊びたい。 それか、無限の神電パワートレイン搭載のが近道か。。。

こんなのを老南行の最後のバイクにしたいdeath。
南行@ヨーイトナ
2018/05/19 05:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヘルメットバッグを新調 ヨーイトナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる