7月のバイクライフは駄目だったナ

今年の7月は暑すぎたり、西日本豪雨に続いて再び猛暑と成り、おまけにイレギュラー進路の台風と、本当に地球規模の気候変動が急加速し始めたのかと気を重くします。 さらに全国から被災地へ駆けつける善意の人も多い一方で、贈賄・汚職や組織の私物化&居直りと信じられない事例に愕然とします。 
酷暑に加えて、 「李下に冠を正さず」 を理解していない偉いさん達をみるに、すっかり遊びのテンションが下がってしまいます。  ほんに、盗人の数は尽きまじ。。。
嘗て澤さんら 「なでしこジャパン」 がクール&ビューティなアスリート魂を発信しながら世界チャンプに成った頃の清々しい気持ちが懐かしい。 あの時はバイク散歩してても、爽快だったな。 心にバイク風が通ったな。。。

と、能書きを垂れかけたが、バイク遊びで暇を潰すチンピラ・アル中爺がほざいてはイカンわな。 そっとバイクでも弄って温和しくしていよう。

7月のバイク散歩は2回でした。 1度は普通に出掛けたが、目に汗が入って痛い暑さだったので早仕舞い。 もう1度は早朝散歩にして9時前撤収と消化不良。 暑すぎたり台風のせいばかりで無く浮き世の不条理も足して、7月のバイクライフは駄目だったナ。

画像

               《 この暑さのせいで、心も股ウナギもフニャ々々で御座います。↑ 》

でも、バイクしか趣味が無いのでバイク関連装備などの手入れで暇を潰しました。 まずはブーツの手入れです。 今使っているブーツは安物のSIDI中華コピー品です。 これの靴底が元々薄いのとゴム質に耐摩耗性が無いせいで、ビジネスホテルのスリッパみたいな履き心地に成っていました。 その症状からして靴底の総張り替えなる様な事例ですが、1万円の安物中華ブーツですから破棄&新調するのが常道でしょう。 しかしH2貧乏で倹約しなければならないので、アマゾンより安いダイソーでメンテ小物を用意しての素人小細工で凌いでみました。
靴底&踵底を7mm程も盛ってしまいました。 この7mmが短足にとっては、と、とても有効でした、ホントにぃ。

画像

ブーツ弄りが上手くいったので、次に革パンの手入れです。 夏用革パンがどういう訳かゴワゴワに成ってしまい、さながら剣道の小手のようです。 ミンクオイルを揉み込んでみたが間に合わず。 通販買いした皮革柔軟剤は速攻で効いたが、量が足りずに思案橋。 そこで古い手法のヘアリンス揉み込みに走ったのです。 表面からは直接リンスを揉み込み、内側は水で薄めたリンスを霧吹きしたのです。 当夏用革パンは革と内張の間に手を差し込める構造でしたので、内張を濡らさずにリンス掛けが出来たのです。 
固くなった革にはヘアリンスという古典的手法は1時間ほどで効果が出て問題なしです。 通販の柔軟剤なら10本買いで¥6000ほど掛かるところでしたが、、、タダで終わったのです。 

日は変わるのですが、小細工は続いたのです。 我がH2たるミルフ号には、卑怯じゃなくって秘法・南行乗りの為にタンク・バルジなる物が装着されています。 それには常に荷重が掛かるせいで、その表皮がすり切れてボロボロに成っていました。 で、唐傘じゃなくってそのバルジを夜なべ仕事で張り替えたのです。 
一応、張り替え終えたところで妙案が点灯。 当て革を付ければ耐久性が増すだろうと、余ってた皮でボンド貼り付け小細工。

画像

            《 余ってた皮と云っても、高須でネイキッドカスタムした余りではありません 》

こうして、2018年暑い7月は手仕事小商いで過ぎていったのです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ところで、バイク散歩の定番PAでH2乗りとお茶することが在るのですが、その見知ったH2乗りとメンテスタンドの話になったのです。 H2用メンテスタンドは、普通の体格の人が普通の方法ではリフト出来ないのです。 こうした機器の取説には 「二人で使用して下さい」 と書かれていますが、それはいわゆる横倒しに備えた老婆心台詞です。 と、ところがカワサキ純正H2用に限れば、グラブバーやタンデムステップなどの引き上げ掴みが無いH2では、ホントに二人分の体重が無いと上がらないんです。 

ですが、リフト時にいちいち人を呼ぶのは面倒なこってす。 で、私は仏壇返しならぬ南行・卑猥抱きかかえ法で一人リフトしているのですが、そのコトをH2乗りと話していたら Youtube UPしてみたらと云われたので、お薦めに乗ってみました。

            

引き上げ掴み箇所が無いので全体重掛けしてみるが75kgではあきまへん。 んで、タイヤホイルを抱きかかえて吊り上げながらのスタンド足蹴りとなります。 タイヤホイル位しか吊り力を掛けられるところが、、、無いんですよ、見当たらないんですよ。 体重が90kg位ならリフト出来るのかな。 

               《 普通はこんな風にリフト出来る寸法構造であるべきだが。↓ 》
                     https://www.youtube.com/watch?v=6p12UyxATCs

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今年の夏もプロバイダであるビッグローブより、定番のブログ開設14周年記念のメールが来ました。
昨今ではSNSとしてのブログ位置は低空飛行とか底値安定なる状態です。 当ブログもPC公開を前提とした構成ですが、アクセスしてくるのは95%程がスマホからに成ってしまいました。 となると、表示形態違いからの読みにくさ故に閲覧ヒット数も少なく成りつつあり、それも仕方の無いことです。

最初期からブログは 「公開個人日記」 とも云われ、今SNSの思いつき短文とか珍し画像の 「自己表現・自分発表」 とは違う位置を保っています。 そしてその実は、もはや俳句、短歌、和歌、随筆と云った古典様式の範疇と思えるのです。 ん~っと、トランプ氏のツイッターより鴨長明の方丈記に近いと思うんですが。

画像

               《 鏡の萎んだ尻を見るのがイヤで、スパには行かなくなりました 》

私はブログ形式を気に入ってます、トテモ。 NEC直だったビッグローブも様変わりしてしまいましたが、あと10年程は長らえて欲しいものです。

だって、イかれちまった脳味噌に焼酎嗅がせて過去ブログを見せておけば、ナースさんも手が掛からんでしょ。


    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ●ブログトップページへJump!
    ■当ブログはPCモード表示用の背景構成と成っています

この記事へのコメント

  • けむりぬし

    今朝、アマボク会長がTVに生出演してるのを、たまたま見かけましたけど、ひどいオヤジでしたねえ・・・。真相うんぬんより、物言いの醜悪さに思わず八字眉に


    僕もブログは気に入ってます。いつまでやんのかな・・と時々思ったりもしますが、バイクは長く続けてる趣味ですし、気負わず続けていきたいですね。鴨長明のような感受性と文才を持ち合わせていれば、もっと満足できるものが書けるだろうにー、と嘆きます。



    今日など、体験したことのないような暑さでした地球おかしくなってねえか?と素で思いました

    2018年08月04日 00:31
  • うぞうむぞう

    こんちは
    AM5時を過ぎたら寝てられない猫の額ハウスです、日当たりはいいので朝日が眩しいのです。
    メンテスタンドですがぶっさんの時以来使ってません、ベンベはメインスタンドがあったし、ニーナ&ニック号はリアアクスルシャフトが貫通型じゃないのでJトリップのかんたんスタンドは使えません、フック式の本物にするのも面倒だしなぁ。
    中華製品の話ですがHONDAと書いてあってもオールChinaじゃ嫌だと現行のmade in熊本にした俺ぃらですがその部品の多くが大陸で作られていると聞いて嫌になりました。
    有名ブランドスニーカーもほぼ大陸製です、んなら開き直って廉価品でイイやと…。どうせ品質にmade inジャパンのクオリティは期待できひんし。
    2018年08月04日 06:28
  • 南行@ヨーイトナ

    けむりぬしさん:
    志が高いほど頭は低くなるものですが、真反対だね。
    それより、山師にへつらう凡夫の多さこそが根本問題なのですが、お国のトップの行状からすれば、彼等凡夫の心魂の有り様もむべなるかなッス。

    そうね、つれづれなるまゝに、心に移りゆくよしなし事をってスタンスでお気楽に。。。
    一方、口は災いの元ならぬツイッターは危うい道具です。 恋文も一晩寝かせてから送れと云われますが、ホット感情ツイッターなんぞは取り返しの付かぬ大恥に成ることも在りやと。 クワバラ、クワバラ。

    とてもチーセー身勝手願望ですが、、、首都直下地震もあと10年位待って欲しいですル。 
    2018年08月04日 19:59
  • 南行@ヨーイトナ

    うぞうむぞうさん:
    普通はチェーンへのグリス掛け以外にはメンテスタンドなんて使わないからね。
    それもバイクをズラしながらグリス掛けをすれば事足りることです。 いちいち押し入れからメンテスタンドを持って来る程のことでは無いッス。

    んだよね~ッ、中華製の品質云々と行きたいところだが、神戸製鋼や三菱自動車の大イカサマを見るに危機感を感じます。 ま、トップが出てきてそれなりに責任を取るあたり、モリカケ関連や日大よりはマシだが。。。

    本田宗一郎氏でも今のグローバル経済では全&純国産は無理でしょう。 むしろ品質管理に銘アイデアでも出すのかも。 
    それにしても土光敏夫や本田宗一郎らの心意気と矜持の流れは何処へ行ってしまったんでしょう。
    2018年08月04日 20:22