ヨーイトナ

アクセスカウンタ

zoom RSS 中華パクリブーツが壊れた

<<   作成日時 : 2019/01/22 22:13   >>

トラックバック 0 / コメント 4

ブーツからパコパコと変な音がします。 レレレのレで脱いでみれば、ありゃま、踵&踝部が外れています。 糸切れ&プラパーツが損壊しています。 激安品ですので修復するほどの気はおきません。 全損扱いで破棄処分とします。 SDIブランドのパクリコピー品ですが、格好だけのコピーで品質は論外品でした。 まあ、とやかく云うほどの事では在りません。 中華粗悪品の典型で、品質管理の原材料チェックと製造工程に期待するのは無理ってことです。 近頃のブランドブーツも大方が中華製ですが、品質管理が違うのでしょう。 一万円ブーツに品質管理なんて、そりゃてんで無理でしょう。。。

画像
 
         《 我が家の\15000程の普及ランク登山靴群には、全損なんて微塵も感じられない 》
         《 直感だがトレッキングシューズの実使用時間&負荷強度はバイク用の20倍だな 》

ほかに、私の経験したXPDブーツも期待外れでした。 一応ブランド品と云われるXPDですが、底の総剥がれとかフェイクレザーの劣化破れが発生し、ボンド修理をしながら5年が限界寿命でした。 今時の一般用普及タイプだとこんなモノなのでしょうか。
単純に考えれば、\35000ほどの普及品で5年毎に新調するより、\50000のクシタニ・総革レーシングブーツで一生使う方が遙かにコスパに優れるわけです。 解っちゃいるが、薄粥の日々で暮らす今現在の出費が辛いのです。 あれやこれやと入り用が重なりで、たったの一万五千円差が超えられないのです。。。

急な事で、とりあえずはこんなことも在ろうかと、一万円ブーツの前に使っていたXPDブーツが捨てずに保管してあったのです。 我ながら賢い処置でした。 とりあえずはリーターンXPDブーツで凌ぐのです。

そんでもって、どうすっぺと成るわけです。 私の様な近所走りライダーに最も相応しいのはライディングブーツ成るものじゃないかと考えます。 国産の総革製のもので、日本人向けの木型使用でお値段は約¥25000です。 私がリターンした時もそんなのを使っていました。 プロテクタが古典的なだけで、オーソドックスにしてなんの破綻も在りません。 ただ、流行の形じゃないってだけで。。。

私の様な老ライダーの憧れだったケニー・ロバーツ、フレディ・スペンサー、エディ・ローソン達が往事に履いてたブーツと変わらないやつです。 色合いが派手違いなだけで、シンプルなライディング・ブーツなのです。 トゥ・ガードさえ付いていないわけで、ケニーなんか小指が出ちゃってるのでガムテープ貼りしておりますル。


画像

ケニーの頃のライディング・ブーツは当時のマシンにはピッタリですが、私のH2は違うわけです。 当時では有り得ないギミック・オモチャ風なH2なのです。 なんとなれば、ブーツもそれに倣った方が良い様な気がするのです。 老人にだって、美意識は残っているのです。。。

中華パクリブランド・ブーツは×、イタリアブランドでRSタイチ扱いのXPDも靴底全剥がれで×。 んでもって、SDIとかガルエネとか、とか、、、ぐるぐるネットま酔いじゃなくって、ま迷いしてたら降りてきたのがこれです。 FORMA・ICE PRO なのです。 
酔っ払って、もうどうでもいいやと捨て鉢な気持ちでポチッとしただけなんだけど。。。

画像

と、ここまでが1月13日までのことで、しばし筆を置く、、、
・・
・・
・・
・・
約1週間が過ぎた21日に、新ブーツをゲットしたのです。


画像

現物を見てみれば、か、かなりガンダム風だ。  ま、H2も機動戦士風だから丁度良いような。 誰も爺の足下なんて見てないからどうでもイイけどさ。
それよりサイズはどうかと履いてみれば、少々巾が詰し。 サイズ変更なんて面倒だし、インナーソールの工夫だけで何とか成りそうだったのです。 そこで、左足の小指側をカットしてみれば許容範囲と成りました。 バイクを下車しての物見遊山歩きなんてしませんから、痛くなければ良いのです。 トレッキングシューズの拘ったフィッティングでのテクニックが助けに成ったアルネ。

このフォーマ・ブーツのプロテクタが有効なのか、単なるギミックなのかはまだ判りません。 

このブーツの寿命が5年とすれば、、、これ、人生最後のブーツなわけです。  


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ブーツや靴などの履き物は、履き心地とかフィッティングと共に強度や耐久性が求められるのは大昔からの事です。 旅人の靴がバーストなんざしたら状況によっては命に関わりますから。。。 そう認識すれば、私の経験した中華プラスチック・ブーツは、最低にして下の下です。 などと酷評するのも、革パンなんて30年近くも使い続けているし、同時に買ったナイロン製ジャケットもそうなのです。 昔のジャケットはハードプロテクタ仕様では在りませんので、トレッキング用ジャケットとして重宝しているのです。 ベンチレーションスリットや肘肩の雑巾パッドが、山遊びには丁度具合が良いのです。

画像

         《 30年前の ”プロショップ高井” 製ジャケットの耐久性には驚嘆するばかりです 》

おまけにこのジャケットのデザインがフィールドワーク従事者風なので、、、登攀途中の息切れ停止時でも、なんとなく調査・研究観察中に見えてしまうのです。 「爺さん、無理して大丈夫かい」 じゃなくって 「お仕事、ご苦労様です」 てなふうに誤解されるのです。 助かりますです。。。 

耐久性自慢は、これもそうだな。 大橋産業ツインシリンダー・フットポンプとAND放射温度計も、他メーカーの同類品と比べると、とても優れています。

画像

大橋産業ツインシリンダー・フットポンプはシリコンゴムを採用しているところが、素人にはメッシュカバーホースに比べてチープ風なのに、、、こここそが高級なのです。 また、AND放射温度計は中華製造と云えども日本の大手計測器メーカーの矜持が製造管理にまで行き届いているのでしょう。

こうした素晴らしい物から、外見では無く質実剛健な生き方を学ぶべきなのだが、、、見掛けでブーツを買った私自身こそが粗製品だわな。 



    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ●ブログトップページへJump!
    ■当ブログはPCモード表示用の背景構成と成っています

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちは
モノの値段って何なのかと思います。
最終段の放射温度計だってさ写真に写っているスティック型のならいざ知らず検索したら同じような価格帯でガングリップ型のがあるのね、普及前を知るものとしては驚愕な価格です、まぁ技術的には枯れているからね。
ポンコツと仰っていますがブーツが破けるほど激しいライディングなのか本当に品質に問題があるのかは画面のこちら側では判りませんが降車物見遊山しないのなら本当にポンコツなのかなぁ、メーカーはどちらも知らないけど新旧の価格を書き換えられてもワカンナイですね。
革多層構造ガードのオールドスタイルじゃ嫌だと、ガンダム風を選ぶってのも万が一の場合を考えるとプラスチックの方が強いんでしょうけど渋いのは前者ですね、安いし…。
うぞうむぞう
2019/01/23 16:44
うぞうむぞうさん:
ウヌ、めずらしいコメ時間。 お仕事出先からの直帰で自主早仕舞いでもしたのかな。

電子素子や部品の生産技術の進歩や量産化のおかげなんでしょうね。 テレビをはじめデジカメなんかも安すぎます。 誰が儲けているんだろうと心配になります。

本当にポンコツです。 縫い糸は安Tシャツ用の木綿糸、プラ部は粗悪再生原料で植木鉢用かいなってレベルです。 中国の下請や内職などに委託されればよく在る事でしょう。 だって、日本でもスーパーカブ時代以前には同様だったと聞きますし。

国産のライディングブーツ・メーカーが本革+ギミック品を作ってくれれば、良いのが出来ると思うんだけどけどねぇ。 コミネとか南海部品がその任にあると思うんだけど、、、ビジネスに成らんのでしょうか。

ゲットしたフォーマ・ブーツはガチガチのギブス状態です。 今度の日曜に試してみますが、改造が必要になるかも。
南行@ヨーイトナ
2019/01/23 20:21
やっぱり装備品てのは安全に拘るとどうしても動きの抑制がネックになっちゃいますね

ブリーフ一丁でバイクに乗ったら水を得た魚のようにライディングできるのかな、なんて今でも思います


トレッキングシューズの丈夫さは山登りを始めるまで、まったく知らなかったです。数少ない山行だったものの、結構な悪路を歩きまして、それでもまったく傷みがないですからねえ。アルピニストたちの賜物なんでしょうね。
けむりぬし
2019/01/25 20:29
けむりぬしさん:
抑制どころか、膝曲がりで直立が苦しいほどで。

そうか、今年の夏にステテコ&縮みシャツ+プロテクタで流してみようかナ。 
そうよ、新しい流れは誰かがやらねば成らん。。。  

レーシングブーツはいざしらず、山で底が剥がれたなんて噂が出ればそのブランドは終わりだからね。 
食品スーパーで売ってる¥5000トレッキングシューズでの底剥がれはよく見ます。 にわかハイキンググループにありがちですが、、、中華パクリブーツの私が嗤う事はできません。。。
南行@ヨーイトナ
2019/01/26 05:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中華パクリブーツが壊れた ヨーイトナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる