暑さ対策の早朝Ninja遊び

6月半ばからの長雨で50日ほどもNinjaで流していません。 その長雨も過ぎた8月はいきなり猛暑です。 いよいよ地球も終わりかと、灼けたトタン屋根の下で焼酎に酔いながら、生物史の終焉を夢想したりするのです。
だが、あと5年位は余裕で保つでしょうから、その内にバイクライフを楽しんでしまおう。 その後は知らんっ。


2019猛暑1.jpg

8月4日の日曜も猛暑との予報でしたが、50日もNinja遊びをしていませんので、無理押しとしてしまいました。 寅の刻に起きて薄粥にて腹を満たし、装束を着込んで明け六つに切火での出立となったのです。 前夜の焼酎が時代をワープさせてくれます。

5時半頃にエンジンを掛けて暖機無しの出発です。 近所への気を遣ってのヨロ流し暖機です。 首都高に上がれば時間的に空いていますので、ヘタレなりにユル流しで遊びます。 ミルフ号がもっと打ってとエロ声で懇願するのが困ります。 H2ってメカノイズが盛んですから、焼酎脳だと色んな話し言葉に聞こえるのです。 だから「あとでかまってあげるから、もうちょっと待ってネ」などとメットの中で諭したりしているのです。 
こうした私個人の所業はブログ内での戯言で済みますが、科学が進んで脳内状態が動画スキャンされて公開でもされるようになったら、炎上でもするんでしょうか。 あの爺からバイクを取り上げろっ。


定番の散歩コースを流して、定番のPAで茶話会を消化して早めの帰還です。 燃料補給も済ませて9時には長屋着となりました。 30秒の距離にあるコンビニは私の冷蔵庫で、チュー割や百円酒を8合ほど見繕います。

2019猛暑a.jpg

長雨中に暇つぶしでシフトレバーの蹴り込みバーを短くしましたが、極めて良好です。 俊足爪先差し替えにはグッドなのです。 更にその動作を極める為に、ステップバーにシリコン離型剤を塗って最適化したのです。 塗って、拭いて、ブーツで踏みつけてを繰り返しての最適化です。 アンクルガードとブーツ踝の感触、ステップと靴底の感触、シフトレバーと爪先の接触感、これらが一体となって足のスタック&スタンバイ状態が分かるのです。 これで、速効シフトダウンとベスト・シフトアップはどんと来いダ。 吠えろ、スーパーチャージャー。

そんな久しぶりでのミルフ号眺めをしていたら、近所の老人が軒下菜園のトマトを三個ほど呉れたのです。 直もぎのトマトなんて数十年ぶりです。 安酒の当てにと直食いしてみれば、、、麦わら帽子の小学生の頃にみた入道雲が思い出されます。 懐かし美味し。


💥 💥 💥 老人/御託 💥 💥 老人/嘆き 💥 💥 老人/H2貧乏 💥 💥 💥
年々厳しくなる猛暑と年々衰え行く我が身ですので、それなりの対策は必須と成ります。 熱中症とか暑気あたり、はたまた食中毒へ対応を工夫しおります。 猛暑日でのバイク遊びは早朝とし、炎天下は避ける。 帰還後はビールやチューハイでクールダウンとする。 一般にはアルコールの利尿作用によって酒類は水分補給とは成らないと云われますが、私の場合は全くそんな事はないのです。 ジョギングでもトレッキングでも実験済みです。

高尾山で血圧.jpg

《 30℃の高尾山中を30分ほど登ってきて、東屋でのお弁当 》

バイク遊びの為の体力作りとしてトレッキングをしていますが、低山専門ですので暑気対策は欠かせません。 数年前は日本酒六合+百円カルパス2個とコンビニ・オニギリ4個だけで水分&エネルギー補給をしていましたが、今では弁当二食分と1.8Lのスポーツドリンクに変えたのです。 視力等の衰えもあり、下りの岩場が危ないのです。 下りでのスリップダウンやハイサイドに対する反射神経の為にアルコールを抜きにしたのです。 ハイサイドって、、、近頃のトレッキングシューズは靴底がハイグリップ素材なので、ズリーッとした後に急グリップしたりするのです。 バイクのハイサイドさながら宙に浮くのです。
そんなわけで、酒に代わるエネルギーとして弁当持参と成るわけですが、冬期以外は食中毒対策が必須です。 抜かると、山中での雉撃ちとかになるわけです。 下痢ピーなんかだと携帯トイレセットなんか用意してる暇がありません。 ・・・・三度ほど山を汚してしまいました。

大きな反省をすれば、弁当の長時間保冷アイテムが必要となり、あれこれと工夫して今では10℃以下を9時間は保たせる事が出来ます。 さらにスポーツドリンクは半分に薄めて魔法瓶タイプのもの3個で1.8Lを担いでいます。 それと、なんですな、コンビニのオニギリ等って全然腐らないのヨ。 不自然すぎて・・・・・非常時以外では止めました。 お土産も日持ちのしない物ばっかりにしております。

弁当温度の測定に加えて、血圧も30分毎に測ってもみたりします。 研究の為ではなく、ただの、老人の暇つぶし遊びだけどサ。 (160-95)から(125-75)と変化するが、70爺ならこんなもんでしょう。

さらに、下りの岩場が危ないのには、眼鏡レンズに汗が掛かってのコトが在るのです。 普通は帽子や汗止めバンド或いはサンバイザーで対処するわけですが、今一つ使い勝手に満足出来ないのです。 サンバイザー等のツバは上目視界が悪くて鎖場等ではヤりにくいし、汗止めバンドは暑苦しい。 そこで、額汗だけをブロックする為にカチューシャ風汗止めを作ってみました。 市販で在りそうで無いので、作ってみたのです。 

汗止めカチューシャb.jpg

百均のサンバイザー芯を利用してみたが強度に不安があります。 明らかにリサイクル材なのでポキッと逝きやすいのです。 ですので金属ばね材でも作ってみました。 弾力特性が違いますので、両方をお試し中なのです。
来年の猛暑中に車検準備となるが、この汗止めカチューシャは役に立つのです。


    ●ブログトップページへJump!
    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ■当ブログはPCモード用の背景構成です

この記事へのコメント

  • うぞうむぞう

    こんちは
    >あと5年は…
    5年先だと数えの喜寿というかこのイベント自体が満年齢じゃないんでその御年で超スーパーマシン海苔なんてヘルメット取っても名乗らん限り判りませんな。
    これが腫れ珍丼の花電車海苔なら交通安全パレード汚しで見掛けますが、首都高の星には居られないでしょうなぁ、とは言いながらPA茶話会の面子が同じような爺さん、もとい大先輩たちなら周りが驚くこと必至です、ひょっとしたら国策放送局が取材に来るかもね。
    2019年08月07日 19:28
  • 南行@ヨーイトナ

     うぞうむぞうさん:
    ありがとうございます。 みなさんのエールを糧に空元気で頑張っておりまする。
    今日も暑すぎでしたので、昼過ぎからサボって冷や酒と昼寝でやり過ごしました。

    もうねぇ、首都高定番PAでも高齢ランク3位くらいに成ってしまいました。
    どう思われているのか、どう見られているのか分かりません。 呆けなのか、それすら気に掛からなくなってきました。

    ミルフ号の加速パワーだけが、心の友です。。。  
    2019年08月07日 22:08
  • けむりぬし

    H2、けっこう攻めてるんですねえ。パワースライドまでやっちゃってるんじゃないのですかあ?

    こっそり、走りを見てみたいもんです


    ケニーロバーツも元気いっぱいで走ってるし、バイク乗ってれば元気になるんですね而して体力維持の努力も続けていれば、天も末永くバイクライフに光を当ててくれそう

    見習うことが多いです。
    2019年08月08日 23:46
  • 南行@ヨーイトナ

     けむりぬしさん:
    そのう、あのう、いつも安全運転で御座います。
    歳のせいも在りますし、それにH2の制御&敏感アクセル特性のせいもあって、エクストリーム遊びをしなくなるのよ。

    近頃の御大ケニー・ロバーツも太りすぎだと思うんです。 私より三つ年下なんですけど、その健康が心肺じゃなくって心配です。
    恒例のフラットダートでの大カウンターを披露しながら、少なくとも私より先にバイクをヤめないで欲しいのです。 
    3:30頃  https://www.youtube.com/watch?v=8k8hJWKIVNs  

    天の光に包まれながらフル加速してたら、首都直下地震の橋脚外れで大ジャンプとなり、「天は我を見捨てたのか」と泣くのです。 きっと。

    それにしても、 ばっかりです。 令和元年は、バイク遊び飢饉の年として記憶に残りそうです。
    2019年08月09日 20:33