トライアンフ・ロケット3Rが素適

2019年の猛暑も峠を過ぎ、ぼちぼちバイクでの遊びがしやすくなりそうです。 35℃もあると、ヘルメットの中で目に汗が入って何ともなりませんが、そんな難儀もやっと終わりそうです。 夜な夜な次の日曜の天気予報を眺めながら、吠えるエンジンでのバイク遊びに期待するのです。 そんな夜長にバイク情報をネット探りしたりするわけですが、そこで魅惑のバイクを発見。 トライアンフ・ロケット3Rです。
もともとのトライアンフ・ロケット3は2004年頃の登場ですから、当初の予想に反して、かれこれ15年選手でそれなりに息の長いモデルです。 巨大すぎるのと美的に取るべき所も無く数年で消滅かと思っていましたが、物好きが少なからず居るようで、今に至ったわけです。 
バイクではよく在る事ですが、元のバイクを弄くり回す内に思わぬ成果を上げる場合があります。 このロケット3Rも、元の鈍重マシンがセクシー・マッスルに大変身しています。 「アールヌーボー」とか「パンク」とか「爆発」なんて領域に飛び出てしまったわけです。

ロケット3R.jpg

当然の事ですが、これに乗ってみたいです。 乾燥重量が291kgですからVーMAXよりチョイ重ってわけで、無理な重さではありません。 それにシート高が773mmですから、これも無理な高さではありません。 ですからレンタルとか借りて遊ぶ分には何とか成りそうです。 こうした巨体マシンを振り回して遊ぶのは、これまたバイク遊びの一つの喜び頂点で、是非にも乗ってみたいものです。 ウイリーも可能だそうですしぃ。。。

ロケット3Rb.jpg

ですが、借りて乗ったはいいが、ぞっこん惚れ込んでしまったら困る事になります。 お金の事はさておき、虚弱老人にとって日常乗りにはサイズと重量が大きすぎます。 車庫出しや引き回しに難儀しそうで、乗り出すのが嫌になりそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そこでだが、この外装だけをハリボテで作って、中に軽量パワーユニットを搭載すれば、お手軽に乗れるじゃないですか。 ブリキ・プレスか樹脂の真空成形で外装を整えて、中はカーチス・ハデスの217psパワーユニットが宜し。 航続距離を100kmほどにすればバッテリーも軽くて車両重量200kg以下で済むんじゃないでしょうか。 これなら老人向けのバイクとして、、、私は欲しい。 そしてなんだな、マフラー部は三菱ダイヤトーンのスピーカーでデフォルト・サウンドは馬の蹄音。 もちろんカスタムサウンドは自由自在と成ります。


ロケット3R如きで泣きを入れるとは、実に情けない事ですが、これが現実で仕方がありません。 ヤングマシン誌の10月号を眺めていたら、私とは真反対な元気老ライダーが紹介されていましたが、私の様なアル中老人にとっては雲上のコトにして、人達です。 
少しでもあやかろうと拝んでみます。

2019の超人達.jpg

《 アスリート100歳と76歳って、超人なのか、いや化け物なのか 》

・・・・それにしても、トライアンフ・ロケット3Rが格好イイ、素晴らしい。
・・・・それにしても、シュールなカーチス・ハデスが私の心に刺さりますル。



💥 💥 💥 老人/御託 💥 💥 老人/嘆き 💥 💥 老人/H2貧乏 💥 💥 💥
この暑い8月に無理を押して3回もバイク散歩をしてしまいました。 長屋に戻る頃には意識が朦朧としていますので速攻で水分補給と成ります。 ビールや酎ハイにと何でもござれですが、百円パック酒もよく頂きます。 アルコール度と味が欲しくなるわけですが、温度に難があります。 そこで、氷を入れた魔法瓶を用意しておいて、近所のコンビニのパック酒をそれに入れて、冷え冷え酒として頂くのです。 クーッ、効きますです。

暑気払い2019a.jpg

雲上のスーパー老ライダーにも、私の様な軟弱アル中老ライダーにも等しく夏の終わりが見えてくる頃、パンチング革パンに老臭エキスが染み込んで剣道の小手みたいに硬く成ってしまいます。 元々革の質もよくないし、老人の分泌物が革に悪さをしているに違いありません。 

皮革を手入れするのには色んな手法があるのでしょうが、ものぐさな私はヘアリンスの薄め液をスプレーしてやっつけております。 革の専門家の評は判りませんが、革用オイルなどは重ったらしくて湿度抜けも良くないように思えるので、ヘアリンスにしているのです。 たぶんだけど、シリコン成分が革繊維絡みを内部で滑らせて柔らかくなるのでしょう。
アンコウ吊しした革パンの内外から薄めたリンスを掛けて、後で少し揉んでお終い。 これであと4、5年を凌ぐのだ。
この手法は、劇的効果があるわけではありません。 風呂桶に浸かるようなリンス入浴をさせればかなりの効果があるかも。

革パンにリンスb.jpg

革パンへのあんちょく手入れを終えて、酎やビールでまどろめば、、、
・・・・やはり、トライアンフ・ロケット3Rが格好イイ、素晴らしい。
・・・・やはり、シュールなカーチス・ハデスが私の心に刺さりますル。


2020-triumph-rocket-3.jpg


    ●ブログトップページへJump!
    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ■当ブログはPCモード用の背景構成です

この記事へのコメント

  • けむりぬし

    まるで輓馬のような佇まいですね

    そうかと思えば、峠へ行ってもヘッポコSS乗りではカモられてしまいそうな、パワーと軽快さを持ってそうだし、注目度も凄いですし、おもしろくないわけないバイクです


    すごいなしかし・・・。エンジンで走ってるっていうより、エンジンが走ってるって感じですね
    2019年08月29日 22:04
  • 南行@ヨーイトナ

     けむりぬしさん:
    厩のSSマシンの隣りに並べておきたいマシンです。 時にはサラブレッド、時にはばん馬にムチを入れるなんてのはマニアの夢ですよね。

    バイクマニアの矜持では、鬼低速トルクで峠でのカウンター遊びは外せません。
    タイトコーナーでは、後ろのSSマシンは危なくって寄って来れんわな。 ゴメンっちです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    カワサキ・ZX14Rも2020で終わりだそうですが、ロケット3Rに触発されて、あのエンジンユニットでエレミネーター・シリーズの復活噴火なんぞをして欲しいものです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    トライアンフには、2020/04/01に、ロケット3Rの前2発を外した単気筒800のロケット1Rをリリースするのも良いかと。

    あ~~~っ、今日も焼酎が美味いッ。。。
    2019年08月29日 23:40
  • うぞうむぞう

    こんちは
    二日間もコメントを逡巡しました、まずはこの巨象の価格が判んないこと、そして2400ccという排気量が必要なのか…、まぁそれを言えば俺ぃらなんてモペットで充分なのですが、仮にSAでお会いしても僻み根性で「ケッ」というのが精いっぱいかなぁ…、こんまい男です。
    写真右端の爺さん、YMは買わないので正体不明でオートレースの谷口さんかなと思ったら現役引退しているし、これが国際A級MX選手だったら驚きだね。
    8月最後の週末はせっかくの瞬間独身なのに雨ですよ…、何の祟りですかねぇw
    2019年08月30日 17:00
  • 南行@ヨーイトナ

     うぞうむぞうさん:
    僻み根性云々たって、12R、ハヤブサ、14Rと乗り継いだ御仁が何を言いますねん。
    狭い日本では全くの邪魔者マシンにして超顰蹙マシンを乗り回してたくせにぃ。

    写真右端の爺さんは全日本スーパーモタード選手権の現役でっせ。 雲上の方達です。

    今年はほんにバイク遊びに不作の年です。 どうしてくれるのよと気象庁にでも抗議したいくらいです。 残り少ないだいじな老春が減ってしまいました。 くだんのスーパー老人達とは違って、夏バテでヘロヘロゆえに、、、何処かの誰かにキレたい気持ちです。
    スーパーボランティア尾畠さんのニュースを見ながら、短気を反省しとります。
    2019年08月30日 18:46
  • けむりぬし

    台風すごかったみたいですね、大丈夫でした?

    去年は関西で今年は関東とお天道様も公平にぶちかましてくれますね
    2019年09月10日 22:01
  • 南行@ヨーイトナ

     けむりぬしさん:
    ご心配頂き有り難うございます。 凄かったです。
    うちの長屋では、数カ所のベランダ隔て板が壊れた程度でした。

    東隣りの千葉方面では瞬間風速57メートルを記録したとか云われてますが、大型送電鉄塔の倒壊からすれば75メートル位は在ったんではないでしょうか。 その為に60万世帯ほどが停電しており、大変な事に成っております。 ぶりかえしの猛暑日が続いていて命の危険在りなのですが、今回ばかりは東電職員の努力に頼るしか在りません。
    山中の鉄塔ですので人力復旧が基本と成るとすれば、迂回電源線などが検討されているのでしょうが、これも東電職員にすがるのみです。

    エアコン無し、冷蔵庫停止、水道ポンプ停止では命に関わります。 とても心配です。
    2019年09月11日 05:42