11月10日、東京秋天の空気を過給

即位祝賀パレードの11月10日はロイヤル晴天にしてバイク日和でもありました。 午前中にルーチン散歩に出掛け、定番の老人茶話会をこなしました。 心地よく乾いた空気が過給されてミルフ号はご機嫌な悶えようでした。 なんども泣かせ喜ばせてから、11時頃までに長屋に戻って一杯やりながら整備で暇を潰しました。 雲一つ無い秋天を眺めれば、自分の心を見る様な気がし、きっと雅子さまも同じ思いをしてるんだろうと勝手な想像をしたのです。 いかん、おそれ多いことだ。。。

令和パレード記念1.jpg

御列の儀を祝して乾杯するだけでは物足りないので、チェーン給脂イベントを加えて記憶に残す事にしたのです。なんだかんだで1000km程も給脂をしていなかったので、丁度イイやとチョロッと掛けてみました。 チェーン給脂のインターバルは600km指定ですが、へたれのノロ走りですから、たまには延長となっても問題ないでしょう。

令和パレード記念.jpg

乾杯は「月桂冠」と「アサヒ・スーパドライ・令和元年特別醸造・ロイヤルリミテッド」としてみました。



先般、東京モーターショーをチェックしてきましたが、なにぶん台風19号被災地へのボランティアに出掛ける人も少なくありませんから、さらっと静かにこなしたのです。
Ninja・H2のネイキッド版であるZ・H2をチェックして、本田レブル250とかヤマハ・ナイケンなどの短足・アル中・虚弱貧乏老人でも扱えそうなバイクに跨がったりして、もうすぐ先の終末バイクライフへの研究をしてきたのです。 スキットルのウイスキーをやりながらでしたが、レブル250が最も現実的であると確信したのです。 重量とシート高とか、さらには扱えきれるパワーを思えば、そう成ってしまうのです。

2019モーターショーb2.jpg

《 澄むと濁るの趣味も、、、人それぞれであります 》

えーっと、それから、カワサキのZ・H2のお立ち台に250の4気筒マシンが同席していました。 Ninja ZX-25Rですが、押し出し感たっぷりでとても250には見えませんでした。 400以上のマシンからのついでマシンと思われます。 超お値打ちのスズキ、ジクサーかカワサキ豪華・高価ZX-25Rか、、、いずれも勝負に出ているわけです。 どう成るでしょう。
同様に、Z・H2のプレデター顔路線もあればCB1000Rの端正美人路線もあるわけですが、もう、人それぞれの趣味で選んで貰うより他はありません。

2019モーターショーc.jpg

と黄昏行くバイク人生を静かに受け入れ行くこの頃だったのですが、、、先日、とあるバイクに心を奪われてしまったのです。 深夜にアルコール切れとなり、我が家の冷蔵庫たる直近コンビニに行った折り、我が心を魅了するバイクに出会ったのです。 その名はカワサキ・バルカン・ドリフターです。 型式は不明でしたが、たぶん400でしょう。 渋い弄り方がされており、ホワイトフェンダーに対してダークタンク、そしてシングルシートがグッドチョイスです。 ちょいとした化粧法違いが効果抜群にして秀逸だったです。

バルカンドリフター.jpg

ホンダ・レブルより100kg程重いが、その個性有る美貌とセクシーボディラインにはまいりました。 好きです。。。
と、ポストH2バイクはバルカンドリフターと成ったのです。 ま、いつものアル中の戯言だけどサ。



老人/御託 老人/嘆き 老人/H2貧乏
バイクも日々進化し、常に移り変わって行くわけですが、電子機器に至ってはその進化がバイクよりハイスピードです。 その使い勝手では車やバイクとは比べものにならない速さで代わって行きます。 スタンダードな使い勝手に成るかと思いきや、あっという間に歴史保存庫行きと成ります。 
2020年1月でWindows7のサポートが終わり、オンライン使用での機器としては事実上の廃盤となるわけで、当庵でもオンラインPCを全てWindows10にアップグレードしたのです。 2017年度で無償アップグレードは修了した事に成っていますが、マイクロソフトもダブルスタンダードにせざるを得ない事情があるらしく、今でも無償アップグレードが可能なのです。 11月11日にマイクロソフトの通用口から入って指定モジュールをダウンロードしてアップグレードしたのです。 ライセンス認証も確かですので問題は無いはずです。 直ちにリカバリ・メデイアを作成して、後は何があってもドンと来いデス。

win10アップグレード.jpg

十日ほど前の11月3日にも温和しくバイク散歩したのですが、散歩仕舞いに灼けたエンジンを冷やしていたら、シートにゴキブリが貼り付いていたのです。 よく見ると、そのゴキブリは尾羽うち枯らしたと云うかズタボロなのです。 普通ならはたき落とすところですが、その頑張りように同情してしまったのです。 疲れが激しいようでしたので、そっと地面に降ろしてあげました。 その将来には希望が見えませんでしたが、何処かへゆっくり去って行きました。 そう、それは、私の未来そのものです。。。

ボロゴキブリ.jpg

その救命事から一週間も過ぎ。。。
マイクロソフトの一部のグループが、貧窮たるユーザーにヘルプの手を差し伸べようとしたのかもしれません。 通用門を指して、お疲れのようですがここからお入りなさい。 ¥20000ほどのことですが、私にとっては大金で、おおいに助かったのです。 
・・・・・・・・・あのゴキブリさんの、恩返しだったのかも。 
・・・・・・・・・筑波、高尾、大山の神仏がそれを汲んでのコトかも。 



    ●ブログトップページへJump!
    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ■当ブログはPCモード用の背景構成です

この記事へのコメント

  • うぞうむぞう

    こんちは
    久々の更新記事を読まさせていただきました、前回の記事や拙blogに戴いたコメントから「老師ご無事か?」と聞きたくなるような風だったので550km離れて心配しておったのですよ。
    ともあれあの日の首都高速がバイク海苔にとって幸せな道だったのか朝の内だから奇跡的に空いていたのか判りませんがご満足いただけて少し元気が戻ったのなら良いことでございます。

    そして、ZX-25Rの予想価格を調べてビックラポンでございます、100諭吉前後って(驚
    まぁ、ンダの二気筒でさえ80諭吉ですから二本多い分が20の差ですか…、リッターバイク買うよ…。
    恐らく車検一回通したH2を下取りに出しても買えないどころか相当の追い金が必要かと思われまする、すくなくとも若者には買えないな。
    2019年11月13日 21:02
  • 南行@ヨーイトナ

     うぞうむぞうさん:
    19号被災地はまだまだ酷い状況ですが、控えていた祝賀パレードも行われたコトですので、気持ちの一区切りとすることにしたのです。

    パレード当日は、交通規制やテレビ中継のせいか首都高は空き気味でした。
    過給が効きましたドス。

    あのお立ち台に在った ZX-25R は400とか600だと思ってました。 帰ってから写真を見ていて250と気付いたほどです。
    バイクの世界市場に於ける日本の販売台数シェアは僅か 1.5%にして、その内の 60%が原チャリと言われてますから、メーカーの商売勘は国内には働かないんじゃ無いかな。 とりわけ250なんて。
    なんとなれば、400とか600マシンからのついで品と成れば、その価格もご指摘な価格になるんじゃないでしょうか。
    カワサキ重工も上半期は赤字だそうですから、バイク部門が優良黒字と云えども、そうは遊びも出来んでしょうし。
    2019年11月13日 21:47
  • けむりぬし

    先日、NM4が走ってるのを初めて見ましたが、際立ってましたね

    ライダーさん含めて個性派を通り越した変わり者感が滲み出てました%顔モジヘェー(シェイク)hdeco%}

    ツーリング先で出会ったら、いろいろインタビューしてみたくなります


    「老人と海」でも同じような表現が出てきますけど、ゴキのくだりは文学的で良いですね。いつもながら、悲哀のなかにも可笑しみを感じました
    2019年11月15日 22:07
  • 南行@ヨーイトナ

    けむりぬしさん:
    NM4、宜しいでがんしょ。
    難しいのは、ライダーの衣装センスと立ち居振る舞いです。 悩み所です。 これを決めかねていて、レンタル試乗に至りませぬ。

    >同じような表現が出てきます・・・・

    フフフフフ。。。


    明日も快晴のようです。 過給するには丁度良い空気です。 
    そして来週辺りから紅葉狩りも出来そうです。 
    2019年11月16日 10:42