スノボー用ミトンで冬バイク

冬期防寒アイテムの一つにグローブがありますが、なかなか納得の行く物が在りません。 防寒性と操作性は空気の実容積に関して相矛盾する関係ですから、共に優れているモノを作るのは難しいわけです。 空気容積を大きくすれば防寒性が格段に上がりますが、ゴールキーパーのミットみたいになって繊細なレバー操作が無理となってしまいます。 なんとなると、ハンドルカバーなんてのが最強であるコトは判っているのですが、SSマシン等には見掛けに難があるわけです。 それに、場合によってはレバーが風圧で押されちゃうしね。
そこで、グリップヒーターはどうかとなるわけですが、とても防寒性が有効にして実用的だとのことです。 未経験の私ですが、多分間違いないと思うのです。
 
ですが、ですがです。 私としては、その電熱モノをあえて使わないのです。 そのこころは、通常グローブに未だ未だパワーアップの余地があると考えるからです。 さらにはもう一つ動機があり、外部エネルギー無しで寒さを凌ぐ用意用心がないと、エネルギー供給破綻時に命に関わると考えるからです。 例えば寒冷地に車で出掛ける場合、快適暖房の車と云えどもビバーク寝具と非常食は必携であるという経験からです。 グローブの場合は直接には命に関わりませんが、操作不如意等の二次的原因に成ることも在りやと。

こ、小うるさい能書きを垂れましたが、ようは、ホントはグリップヒーターが買えないので、、、オーガニック暖房が宜しとバイアスを掛けてるだけだナ。

スノボー用ミトン.jpg

《 左端、ミトンに付いている落下防止用手首リングは邪魔なのでカット 》

今使用している厳冬期用グローブはゴールドウイン製の最強モノで、モーターサイクル用防寒装備のトップメーカー・ゴールドウインからすれば、これ以上はオーガニック・タイプでは望めないはずです。 ですが、その防寒性とは逆に操作性はダメなのです。 大きいし硬いし、繊細な操作ができません。
そこで、嘗てゴールドウイン製のバイク用ミトングローブを使っていたのですが、その使い勝手の具合良さから今一度ミトンを試すことにしたのです。 現在はラインナップされてませんし、他ブランドでもバイク用は見当たりませんから、スノボー用トリガーミトンの安物をゲットしてみました。 ¥3000だからダメでも他に転用も出来ることだしぃ。


早速、片手に最強ゴールドウイン、もう一方にスノボー用ミトンをはめてお試ししてみました。 結論はあっさり出て互角だったのです。 但し、こうしたテストは複数回は行わなければ成りませんから、、、とりあえずは最強ゴールドウインに対してスノボー用ミトンが善戦と云ったところでしょう。

ミトン改造c.jpg

《 古いグローブのナックルガードを切り出して移植で見掛けは良し 》

このスケボー用ミトンは所謂トリガーミトンってヤツで中・薬・小指が一体となっているだけですが、その効果は絶大です。 この三本が暖かいだけで、手全体の感覚が温かいと感じるのです。 さらに、テキスタイル製のミトンは柔らかくて操作性が抜群です。 比較の5本指グローブは指と指の間が冷たいし、仕方のないことだが隔壁部抵抗がとても大きい。

そこでだが、きっと、このミトン効果のことは各グローブメーカーでは当たり前なんでしょうが、売れなくてはラインナップすることは出来ません。 つまり、薬・小指でグリップして人差・中指でレバー操作する人が殆どで、ミトン需要は無いってことなんでしょう、きっと。 私は人差し指巻きグリップで、中指以下でレバー操作するので、トリガーミトンは最適なのです。
えーっと、それから、スノボー・ミトンは防寒用で厚さが在るのでプロテクタ性も問題ありません。 ただ、ギミック性が乏しいのでナックルガードを付けてみました。

今日も寒かったので試したかったが、昨夜のみぞれで路面はパッチ・ウエット、ヘタレアル中はバイクに乗らないのだ。



老人の嘆きと御託 H2貧乏の老人
こんなバイク用ミトンがどれ程高機能でも、買う人が居なければ、売れなければラインナップ出来ませんが、市場経済では仕方のないことです。 話を少し振りますが、聞くところによるとトヨタの中国市場での販売台数は日本国内より多くなったとのことです。 これって、この先現地生産の余りを国内へ持って来るとか、輸入業者が現れるって流れも、いずれ在りやなのかもしれません。 

などと、野次馬話をしているわけですが、バイクは既にそう云う時代に成っているのよネ。
中国産スーパーカブとか、タイ産Ninjaとか、インド産ジクサーなどと品質と生産効率を絡ませてグローバルに展開する時代に成ってしまい、元ブランド逆輸入なんてヤヤこしいのが当たり前に成ってしまいました。 インド・ホンダに依るとかの ”CLIQ110” 、”NAVI110” も輸入業者扱いの国内登場で、ヤヤこしい時代です。

インドホンダ ナビ110.jpg

グロムから想を得たとも思われるNAVI110は、スクーターCLIQ110のカバーを外して、グロム風ギミックカバーを被せただけの造りです。 その手法は、DIYレベルそのものです。 でも、そのアマチュアDIY風が魅力で、その価格が更に魅力度を上げています。
私だって、ホンダ製ヤマハ・ジョグ¥170000より、スカチューンならぬ淫度チューン・ホンダNAVI110¥100000のが買いですがナ。

 代~わる時代に、背中を向け~ず、アル中南行は今日も行~くッ!
元歌 2:50「代~わる時勢に、背中を向け~て、新撰組よ何処へ行~くッ!」


  ●ブログトップページへJump!
  ●バイク記事の一覧へJump!
  ●当ブログの先頭頁へJump!
  当ブログはPC版用の構成です
  プロフ、リンク先等はPC版に

この記事へのコメント

  • うぞうむぞう

    こんちは
    早速ですが廃グローブからのプロテクター転用のアイディア戴きます、夏用グローブのほつれが進んでいますが最近家族サービス貧乏なんですよw
    インド産バイク…信頼性はどうなんでしょうな
    まぁかの国の荒野の真ん中で止まっちまったら命にもかかわるし、そもそも平均気温が日本の比じゃないのにそれでも空冷バイクを作るってことはソレも大丈夫なんだろうね。
    2020年01月20日 15:20
  • 南行

     うぞうむぞうさん:
    家族サービス貧乏、わかるわかる、あれだけスイーツや美味妙味品を貢がされてはね。
    ま、廃品利用は曲がった釘も延ばして保管する昭和世代の属性なんでしょうが。

    インド産と云えども、ホンダブランドですからねぇ。 電車で見掛けるインドの方達は、お釈迦様の血筋のせいか物静かにして紳士に見えますし、、、期待して良いんじゃないッ。 

    ロイヤルエンフィールドがインドで生産を始めたのが1955年とかで、現代バイクの歴史は日本と互角じゃないですか。 
    2020年01月20日 17:42
  • けむりぬし

    グリップヒーターといえば、15年ほど前に知り合いのバイクで初体験しましたけど、感動的な温もりでしたよバイク側に快適を求めるのがちびっと違和感を感じるのと、高知は冬でも昼間は暖かいので、今のところ、不都合というほどのものは感じてないので、付ける予定はないですが。。。


    なるほどねえ、スノボ用ミトンの流用ですかぁ。あちらはそれこそ、防寒の専門家ですもんね、目の付け所に恐れ入り

    僕も中、薬、小指の三本掛けタイプですので、トリガーミトンがうってつけですね


    2020年01月22日 23:13
  • 南行@ヨーイトナ

     けむりぬしさん:
    少なくとも40歳代くらいまでなら、手が冷たいなんて当たり前で、グローブに金と暇なんて掛けないやサ。
    老衰の兆しを日々実感しているこの頃です。 懐も寒いし手が冷たいっ。
    温か高知でも、基礎代謝が老人性減衰すれば、龍馬性パワーがあったとしてもダメでしょ。

    本格的バイク用ミトンを作ってみたいのですが、Youtubeを見ながら研究酎中、、、無理かナ。

    ・・・・・・・・・・・・・
    別件:
    記事UPの日付問題ですが、投稿頁下欄に「記事の詳細設定/公開設定」があり、その右側にある日付欄を現在時に修正すればOKと成りました。 試してみて下さい。
    2020年01月23日 12:33