バイク散歩どころか、まずはリハビリ

8月から9月初旬にかけての暑さには参りました。 7月中頃までは新型コロナにも暑さにも負けじと気力を振り絞ってお家エクササイズをこなしていたのですが、その後の暑さに負けました。 太陽で灼けた安普請天上からの輻射熱に対してロートル・エアコンが善戦したのですが、応援する私の気力が折れてしまったのです。 
負け戦と成ってしまえば、後はやけ酒しかありません。 コロナ自粛と暑さに負けてしまった私。。。


9月13日の日曜にもミルフ号を走らせたのですが、前日の雨が残っていてパッチワーク路面だったのでショートカット帰還したのです。 それに、それに、それに体がガチガチでバイクに乗れる状態では無かったのです。

20200705コロナ隙散歩.jpg

まんずはぁ、壊れたバイク用身体のリハビリから始めんと、なんとも成りゃあせんとネ。
こりゃぁ、体ほぐしのジョギングからだんべと思ったのですが、膝回りの腱が痛くて100メートルも走れないのです。 あんりゃまぁのガチガチです。 浅田真央ちゃんのスケート靴がコロナ自粛で2ヶ月履かなかったらガチガチに成ったそうですが、、、同じくとか、、、私の腱と比べるようなモノでも無いカ。
腱や筋肉が硬くなるのはよく在ることですが、歳を取るとチョイとした怠けですぐに錆や軋みが出てしまいます。 高齢者が寝たきりの尿瓶使い状態だと、2週間で筋肉が25%も減ると言われていますが、、、それに近い老境なのです、私も。
走っちゃ歩き、歩いちゃ走るを繰り返しながら、少しずつリハビリに励むしかアリマセン。 焦ってはいけないわけで、マルケスも焦らなければ骨折も早治りもしただろうにぃ。 まっ、2ヶ月も伏せって居たわけですから、2ヶ月掛けてリハビリしようって算段ですル。 さすればマルケスじゃなくってマイケルの華麗ムーンウォークのモノマネも出来てバイク用身体が復活するはずだ。

えーっと、バイクでの華麗なステップワークの為に、ムーンウォーク・エクササイズを利用しているのです。
などと法螺を吹きながら、当記事で月一のブログ・ルーチンをこなしたわけです。 寂しかぁ、侘びしかぁ。。。



老人の嘆きと御託 H2貧乏の老人
「Go To トラベル」から除外されていた東京も10月からそのキャンペーン対象に含まれるようで、なんとなく新型コロナ・外出自粛がウヤムヤに成りそうです。 9月の四連休は人混みでごった返す行楽地も多かったとかで、新型コロナ・クラスターの発生が心配となります。 これからは、新型コロナ対策=三密対策は個人の裁量に任される比率が大と成るわけで、、、首都高の安全運転の様相です。 その首都高は60キロ制限が基本ですが、概ね80キロから120キロの範囲で状況に応じた各個人の判断によって流れが作られています。 だけど、一応この流れは速度超過違反ですので白バイや覆面に捕まります。 ごった返す行楽地でマスクをしててもコロナ感染する人が居るように。。。

首都高202009.jpg

ところで、新型コロナ禍でバタバタするうちに新総理&内閣と成ってしまいました。 善政を期待するわけですが、あの「理財局・公文書改ざん問題」だけは正しておいて欲しいです。 でないと法治国家の根幹が崩れて、いわゆる民の信が無くなってしまうと思うのです。

もし、モトGPチームのどこかが1100ccの増量ドーピングしてたと成ったら、レースチームどころの話じゃ無くって、メーカー母体そのものの信が無くなってしまうように。

それにしても、2020モトGPは異例な状態ながら関係者の努力によって運営継続されているわけですが、コロナ自粛でくすぶる心の励みに成っておりますル。

モトGP202009.jpg

イタリア ワインの窓.jpg
《 こんなのが近くに在ったら楽しいなぁ、助かるなぁ。 》



  当ブログはPC版用の構成です
  プロフ、リンク先等はPC版に

  ●ブログトップページへJump!
  ●ブログ記事の初日頁へJump!

この記事へのコメント

  • ぬし

    ぬはは、マルケスと復帰勝負の幕開けですね

    マルケスといえば、こないだのアレックスくんはいい走りしてましたね。フォームが兄と瓜二つで驚愕しました。マルクのほうの復帰も楽しみにしてますが、後遺症が影響しないといいのだけど


    無観客レースながらも、GPサーカスはいつも以上に熱い闘いを見せてくれてますね
    2020年09月24日 22:49
  • けむりぬし

    すいません、「けむり」抜けてますた
    2020年09月24日 22:51
  • 南行@ヨーイトナ

     けむりぬしさん:
    んだですだ、マルケスの骨折が妙に気になりますだ、励みに成ります。

    マルケス超絶乗りに彼の鍛えた腕力はとても重要だと思うのです。 彼の焦りが災いして完全回復が難しくなった場合、アシモ技術を転用したパワーアームを装着して復帰する手も在るんじゃないでしょうか。 

    ホンダの生活パワーアシスト技術には期待してますので、この先、尿瓶生活に成ってもGL1800乗りが出来るのかも。。

    そだねーっ、GPサーカスのいつも以上に熱い闘いに、オンライン感染じゃなくって観戦でも萌えまする、燃えまする。
    2020年09月25日 06:54
  • うぞうむぞう

    こんちは
    道東「タッチ」リターンのツーリングから帰って来ましてぼちぼちあちこちへの再訪を開始しております。
    今回のツーリングで分かったのは「どんくさくなっていること」コーナーでは内側の腕にガシガシに力が入っているし、シートからお尻に伝わるはずの路面の応答も感じられないし、もうSSはおろかビッグマシンに乗る体ではなくなっているのかもしれません。
    何より立ちごけなんて何年ぶりのことでしょう。
    2020年09月26日 14:52
  • 南行@ヨーイトナ

     うぞうむぞうさん:
    まずは、神戸まで無事に戻ったようですね、ようござんした。

    う~~んっ、生きては居るけどバイク肉体は死んでいるって、複雑な認識ってやつなんでしょうか。 ま、当方へのエール同情なんでしょう、ありがとさん。

    立ちゴケのショックは「新潟銘酒セット」を吞んで全快したんでしょ。 14Rでの空中遊泳経験の猛者にとればカスリ傷だもんね。

    さあ、道東「タッチ」リターンで体が出来たことでしょうから、2020秋は盛大にぶっ飛ばしましょう。。。
    私も負けませんよ。
    2020年09月26日 19:12