ヨーイトナ

アクセスカウンタ

zoom RSS 国内のバイク界、寂し

<<   作成日時 : 2016/06/06 11:03   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像6月5日の今日は雨模様。 半年ぶりに12Rのマン号とじゃれるつもりだったのに、机に向かいてもの思うことしばし。 夕刻からは呑み友達のお弔いがあるし、浮かぬ心のままにブログ記事をかきこき。。。

バイクがジジイの趣味と思われ出してから十年以上も経ちます。 もう誰が見ても明らかな様に、若者の趣味で無いことをPAでたむろするライダー達の頭髪が証明しております。 バイクって若者の有り余るエネルギーや怒れる心の受け皿として永遠の存在だと思っていたのに、もうそれは遠い々々昔話となってしまいました。 バイク好きの私としては超ショッキングなことです。 今現在のバイクユーザーが高齢化の先の鬼籍に入ると、その分だけユーザー数が減ることに成り、若者ライダーの補給が限られれば、危機的な最悪な状況です。

趣味の多様化や性の解放が進み、バイクの位置が相対的に低くなったとはいえ、思春期の不安定な気持ちを昇華させるアイテムとしてリスキーなバイクは最適だと思ってましたが、単なる私の思い込みなのか。。。

初潮や精通と同時に、皆がすぐにヤれる程に性の解放は進んでいないし、またヤれたとしても経済的な自立とは程遠い現代社会にはそれなりに不安定な気持ちがあるはずで、、、それなりにバイク趣味は生き残ると思ってたのに。。。 それはアル中老人の偏った思い込みだったのか。

自動車工業会によるバイク市場調査によれば、400cc越えライダーの50%以上が50歳代以上で、40歳代も含めると80%にも達してしまい、若年層のバイク離れがハッキリと分かります。

           《 ↑掲載グラフは、↓自工会市場調査レポートの13頁に依ります 》
           【 http://www.jama.or.jp/lib/invest_analysis/pdf/2015Motorcycle.pdf


私の嘆きなんぞと比べ、メーカーや関連業者等の危機感はいかばかりのモノかと、、、察するのであります。


私に出来ることといったら、バイク関連消費と法螺を吹き広めるくらいで、それもボチボチと。。。 いや、そんなバイク界の心配より、自分のバイクライフのが喫緊の心配事です。 ブレンボのストッピングパワー並みに減速する体力・視力に怯えながら、超人達の情報に驚いては、自分も何とかしようと焦りまくっているのです。 諦めの悪さに於いてはマスゾエるべきだと、、、おうっ、他山の石とはこのことか。

画像

           《 揺れる船上からトドを仕留める80代スナイパーに驚嘆! 》

と、ここまで書いたら、表が明るくなってきて路面が乾き始めました。 時は10時、急遽バイク遊びに変更。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今日の予定は、マン号のチェック。 半年ぶりのZX−12Rです。 まずバッテリーがどうかです。 予想では一発始動のつもりです。 バイクを引き出して、リチウムバッテリー特有の寝起こしセレモニーをパスして、いきなりセルボタンのON。 軽快クランキングで一発始動となり、リチウムバッテリーの優秀性を確認。 12Rに搭載しているバッテリーは、ショウライ社の推奨するモデルより小さい容量のもので、4年半の使用期間となります。 とても満足する性能です。 今後は全てリチウムバッテリーにするつもりで、メーカーは験の良いショウライ社にしておこうと思います。 他ブランドと比べる程のパーツではないからナ。

・・・・・・・・・・・・・とりあえずショウライいっぽんにして、マスゾエない、或いはベッキーらないことにしようっと。

んで、快調始動の12Rで散歩にGO! クラッチが軽ーぃ、エンジンが静かーっ、レスポンスも穏やかで、12Rってツーリングバイクだっけ。 ん〜〜っと、パワーが無い、、、とも云えるが。 これ、半年ぶりの率直な感想。 
たぶん、12Rはアクセルをワイドオープンにしないと面白くないんだけど、この半年間のミルフ号遊びで変な癖が付いてしまったのでしょう。 それに、あれほど楽だったバーハンドルを握る手首が、、、痛しっ。 柔軟性の無い老体がH2用に凝り固まってしまったのでしょう。 昔は、どんなバイクでも15分も流せば、バイクが体に吸い付いてきたのに、嗚呼もうダメなのだ。

画像

それにしても、うちのマン号ってパワー不足な気がするのです。 キャタライザーでも詰まってるのかと思うんだけど、どうしたもんか。 気温が25℃と高かったからその性なのか、いやせいなのか。 もうすぐ車検だし、どうしよう、このマン号。。。

と、ここまで記事を書いたが、お弔いに出かける時間となりました。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■
呑み友達のお弔いでした。 美食と酒の飲み過ぎが元で肝臓が逝ってしまったとか。 

・・・・・・・・思うこと、明日は我が身よ。。。

・・・・・・・・学ぶこと、酒量のコントロール、、、それには暇つぶしトレッキングの回数増やし。
なぜトレッキングで酒量が減るかというと、疲れるとすぐに寝ちゃうからサ。 それが三日程続くのよ。 10キロ・ジョギングだと目がさえて八合呑みに成るのに、20キロ・トレッキングだと三合で爆睡7時間。 これを週一でこなしながら酒量コントロール。 我ながら素晴らしい。

画像

最近は踏み跡も無いヤブ漕ぎを楽しんだりして、少しはスリルを感じる様になりました。  以前よりはトレッキングを楽しめる様になってきましたが、これはオマケの様なもので、あくまでその主目的はバイク用平衡感覚&体力造りなのです。  そのオマケに酒量コントロールがプラスされて、さらにお得。

・・・・・・・・思うこと、明日は我が身よ。。。


    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ●ブログトップページへJump!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちは
半年ほったらかしでもほぼ一発始動ってのは素晴らしい、バッテリーもですが2世代以上前のカワサキで、ですから。
体が慣れるのに時間がかかるとのことですが、H2に比べて楽なはずなのに風圧の感じ方ですかね…。
うぞうむぞう
2016/06/08 06:09
うぞうむぞうさん:
リチウムバッテリー+インジェクション、12Rがクラシックマシンといえども、それより前世代の構成と比べるに、隔世の感があります。
ノーメンテナンスでの一発始動が、年に二回の動態確認で続くとすれば、あと30年くらいは保つかも。

12Rに体は馴染まないんだけど、エンジンは温和しくって楽なのよ。 H2はピックアップが敏感で、と、とても疲れるんヨ。 プロでも14Rに乗り換えるとホッとするっての、、、その通り。
南行@ヨーイトナ
2016/06/08 20:24
自分の中ではバイクって趣味で楽しむという位置づけですけど、身近にいる若い人の趣味を聞くと、まあ大体スマホやらでオンラインゲームに一番時間を注いでるみたいです。話にまったくついていけません。かと思えば、先日、本屋のバイク本を立ち読みしてたら、すぐ傍で20代前半くらいの男2人が乗ったこともないというNSR250Rを熱く語ってました。はー、若い人でも好きな奴は好きなんだな、と当たり前のことですが、妙に納得した次第です


けむりぬし
2016/06/09 21:57
けむりぬしさん:
おはよう御座います。
日頃のバイク散歩でのお茶話でも、帰ってビールの私に対して、帰ってゲームなんてオッサンも居るんよ。 バーチャルものって、どうも好かんです。 酔えません、入れません。。。
そのNSR250Rを語る若者達に,是非にも乗せてあげたいよね。 ゲームの中のモンスターを支配するのと比べて欲しい。

今、録画カタルーニャGPをチェックしながら朝食。 クーッ、ロッシとマルケスのバトルに痺れます。。。
私、これからトレッキングで御座る。 日曜のバイクのために。
南行@ヨーイトナ
2016/06/10 04:15
若いのも、乗りたい奴は乗っていますね。
乗らない人は「こわい」「あぶない」と言う人が多いです。

Ninja 250あたりをアシ代わりとファッションで乗っている大学生と
高校生で普自二(原付)、卒業後リッターSSの2パターンが多い気がします。

結局、バイクという趣味本来の人口はこのくらいで、バイクブームの時にはまわりに流されて(流行に乗って)いた人も大勢いたのかな、と思います。

冒頭に書いた乗らない人は、何を話しても全く興味ありませんから。

週末には友達とサーキット!ツーリング!ただ走る!
バイクは最高です〜
ゆん
2016/06/10 16:08
ゆんさん:
リアル二十代 ”ゆん” さんの評価に驚きと納得。 「こわい」「あぶない」をやってこそ母親の手から飛び立って自由になれるのにねぇ。。。

”エンジン付きマシン” を操れるようになると、”野生のエルザ” みたいに、違う世界にワープできる可能性が在るのにサ。 他にもいろんな手段は在るんでしょうが、バイクが一番手頃だと思うのです。 
でも、それはバイクマニアの戯言かもネ。

梅雨入りしたけど、日曜はドライで遊べそう。 嬉しい。
南行@ヨーイトナ
2016/06/11 00:50
近年は, 梅雨らしい梅雨がありませんね〜
バイク乗りとしては, 嬉しい限りですが. (笑)

日曜日はバイクのイベントがあるようなので, 行って参ります-○○○―
ちなみに私は97年生まれというかなんというか……

それでは, 早起きもした事ですし, 早朝の“お散歩”へ――
ゆん
2016/06/11 05:04
ゆんさん:
ゲッ、平成生まれでまだ十代でしたか。
それでS1000RRとは羨ましいと云うより、もうニクいね。

早朝散歩ですか。 どんなコースを楽しんでいるのやら。 踊るタコメーターに素晴らしいハンドリングを堪能してるんでしょうね。
南行@ヨーイトナ
2016/06/11 12:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国内のバイク界、寂し ヨーイトナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる