ヨーイトナ

アクセスカウンタ

zoom RSS H2のクイックシフターを試してみた

<<   作成日時 : 2017/04/30 21:16   >>

トラックバック 0 / コメント 4

NinjaーH2にはKQS=クイックシフターなる機能が搭載されています。 いわゆる、シフトアップ時にノークラッチが可能になる機構で、今時ではよく在るシステムです。 最新ではシフトアップだけではなくシフトダウンも出来る物も多く、私のH2のそれはもはや古いタイプとも云えます。 もともと私のシフト使いはアップもダウンもクラッチレスが殆どですので、このクイックシフターに余り興味がありませんでした。 
ところが2017・CBR1000RRの情報を探っていたらそのシフト機構が秀逸なんだとか。 で、じゃぁ、一応はクイックシフターを経験しておかなくっちゃあって気分になって、、、試してみました。

画像

一年以上もパワーモード設定機能を弄っていませんので、さらっとマニアルでお復習いしてそのKQSをONにしたのです。 ヨロヨローと老人乗りスタートをしてシフトしてみたが、機能せず。 あぁ、低回転では機能しないわナなんて思いながら4000rpmほどで掻き上げたらスコッとシフトアップ、、、おおっホンダDCTみたいじゃんと納得しながら首都高へ上がってみました。  そのシフト感覚はスロットル開度と共に変化する味付けで、吹かしながら高回転でシフトアップすればガツンと突進加速。 初めてのお試しでしたので3→4速以上だったが、、、面白し。 たぶん2→3速が一番気持ちよいんでしょうね。 1→2速は1速でのリフト押さえアクセル操作の内にレブリミット当たりしてまともな加速遊びは面倒だしぃ。。。

KQSのことは試したし、解った。 んで、今後この機能を使用し続けるのか、どうするのか。 

だって、この機能は強く意識していないと使い忘れちゃうから。。。 50年近いバイク遊びで培われた反射機能のが優先しちゃうからね。 アッ、イケネ、また手首クイックシフターが自動機能しちまったゼィ。
呑んで考え、酔って悩んだ。 とりあえずONのママで様子を見てみるか。

そういえば、もう一台の愛車であるマン号=ZX12Rは1→2速が手首クイックシフターでは旨くないのです。 ECUの性能が遅くて回転が落ちないのです。 1→2速だけは瞬クラッチが必要なのです。 但しこの古い仕様でも私の様なトーシローがゼロヨンを楽しむとすればH2より速いかも。 だって、H2って1、2速でパワーリフト押さえとかトラコン寸前加速って、、、難しいからね。 ゼロヨンならぬ半分のゼロニだったら負けは間違いないような。

それにしても、バイク電子化・電脳化のスピードは速いな。 安全のためのABSやトラコンから始まった電脳化ですが、今では安全+遊びのための電脳化と成り、6軸検知IMU搭載でいわゆる完結構成となりました。 あとはスバル・アイサイト+GPS&グーグル地図などを組み合わせたコーナー進入速度制御なぁんて方向に向かうのかも。 もしそんなことに成ったら、、、モトGPにロボライダーが登場するのかも。。。

そんなバイクの電脳化で、最新のCBR1000RRが面白そうだ。 遊び機能としてのウイリーコントロール搭載とは素晴らしい。 詳しくは解らないが、45度ウイリーが可能みたいで、、、バク転は制御してしまうとか。 もしそうだとすれば素晴らしい。 そこまでやるとするとABSも特殊なんでしょうね。 プチ・ジャックナイフも出来たりしてサ。
H2搭載カワサキ遊び電脳制御のタイヤ3本分リフトでは、負けとる、詰まらん、古いなぁ。 とても口惜しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015限定のH2なんて売り込みだったが、ウヤムヤに新型が出続けて2018で電脳一新のH2が出たらどうすりゃいいのサ。 薄粥+焼酎生活の私にはもうお金が無いしぃ。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
バイクにとって最高の季節です。 今年のゴールデンウイークは期間も長いしお天気も良さそうだ。 
バイクに最高、トレッキングも気持ちよし、酒は旨し、んで妄想も最高潮。 2017ゴールデンウイーク、とても宜し、いとおかし。。。

画像

土曜に三浦アルプスを流していたら一重ヤマブキの花をめっけ。 ヤマブキと云えば太田道灌の 「・・・・実の一つだに無きぞ悲しき」 で広く知られているが、その七重八重のヤマブキを絡めて多くの説があるけれど、昔の人は言葉遊びがとても好きだったようで、くだんの娘にもそんな素養があって欲しいな。 ヤマブキを差し出した美しい手を想像しながらクェッ・クェーッと雄叫びを上げて、そして日曜はKQSの突進シフトアップ、酔いで妄想フル加速しながらツーリングを楽しめば、千葉は九十九里の田園の中に移動販売車アリ。

南行 「トーストサンドを一つ」
深津 「ビールありますよ」
南行 「バイクだからぁ・・・・」
深津 「車の中で三時間ほど昼寝してけば・・・・」

画像

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私、人に危害を加えないアル中妄想病だと思うのです。 2017年の初夏。。。



    ●バイク記事の一覧へJump!
    ●当ブログの先頭頁へJump!
    ●ブログトップページへJump!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちは
俺ぃらより前のぶっさんの飼い主には逢ったことが無いので判んないけどぶっさんはこの先の余生をウイリーもパワーリフトもせずに過ごすんでしょうね、たぶん。
パワー切り替えモードもとりあえずフルパワーで運用しているけど理性より強力な右手ビビリミッターが先に働くもんで。
うぞうむぞう
2017/05/01 17:09
うぞうむぞうさん:
ムハハハ、いやいや、ディープインパクトの様に走りきるのもあれば、谷岡ヤスジのアオみたいに生きるのもありです。→URL参照。
古典的なロコモーション・エンジンと不安定な二輪なる構成が故にとても不思議な魅力を放つカラクリ物です。 速いのも遅いのも、とても心に良い趣味だと思うんですけどね。

大丈夫、ブサを使い切る人はそうは居ませんから。
南行@ヨーイトナ
URL
2017/05/01 18:32
大排気量車のウィリーは重量のせいか、フロントが着地した瞬間の反動でバランス崩してクラッシュというのを動画でよく見かけますね

あんな盛大にウィリーする腕はないですし、やる気もないですが、あのクラッシュは場合によっては他人事じゃないすね


ところで、「ヤマブキを差し出した美しい手を想像しながらクェッ・クェーッと雄叫びを上げて」の撮影って周りに人いなかったんですか?
けむりぬし
2017/05/02 19:37
けむりぬしさん:
おはよう御座います。 これからトレッキングですだ。 んで、明日は12Rッス。

やはり、ビビッてアクセル全閉着地すると振られますル。 適宜アクセル着地が望まれますし、”振られたら吹かせ” を知っていてそれが出来れば問題ないと思うんですけどぅ。 
ただこれも考えてると間に合いませんから経験的反射神経が必要だけどね。 トライアル派の ”けむりぬし” さんなら出来ちゃうけどサ。 

いわゆる見せびらかし竿立ちウイリーは別として、15度突進パワーリフトは問題ないんじゃないでしょうか。 リッキー・ギャドソン気分で充分に楽しめると思うけど。

これはセルフ撮りですが、誰かが居れば企画を説明して撮って貰ったりするんですよ。 同行者でも、行きずりハイカーでも、はたまた公園のホームレスさんでも。
・・・・・・・・・・・・
参ったのは、、、山頂で人が居ないと思って一人アカペラで熱唱していたら、、、後ろに人が居たんでスル。。。 その人は私の方に決して目線を呉れませんでした。
南行@ヨーイトナ
2017/05/03 04:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
H2のクイックシフターを試してみた ヨーイトナ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる