走り納め2019

リヤタイヤのエア抜けが激しいのでパンクかと思いましたが、どうやらバルブからの漏れと思われるので、アマゾン買いしたバルブ用ドライバーで増し締めしてみました。 2週間で265kpaから100kpaまで落ちていますので何らかの問題があるわけです。 バルブを締める前に唾付けで確認すれば鼻提灯風に膨らみましたが、増し締め後は全く漏れませんので、これで良しとするのです。 走り初め時の空圧確認でパンクでは無いことが確定する予定です。 目出度しと成るはずです。

バルブ提灯.jpg

12月29日の今年最後の日曜は快晴でした。 前日の強風と翌月曜の雨模様に挟まれた嘘のような好天でした。 走り納めには絶好だったのです。 交通情報ではディズニー渋滞の赤マークが出ていましたが、何とか成るだろうと定番コースで〆散歩をしてきました。 定番のPAでお茶して老人達の「来年も頑張ろう」なるエールの交換となったのです。 まあ、ぼちぼち脱落者が出るんだろうがぁ。
そのPAでの光景は、バイク野郎の熱いエネルギーなどは微塵も無く、敬老会そのものです。 若い人達による新陳代謝は感じられずに限界集落の香りがしているのです。

そんな嘆きの内に私こそも入っているのです。 先も短いことですので認知症時のリハビリアイテムにと、バイク散歩のイメージ動画を作ってみました。


《 レブル250でも充分なるトロ走りを、スーパーチャージャーにて流す寂しさ 》

なんとか今年一年も無事にバイクライフを楽しめたので、幸せなコトだと、運が良かったと誰にかわからないが感謝するのです。
そして、元旦の南関東は概ね晴れなのだが、日の出時刻前後に雲が出るんだとか。 なので、2020の初日の出は近場でこなす予定です。 近場なら駄目元でも良いからさ。



老人の嘆きと御託 H2貧乏の老人
厳冬期のバイクチェック時に手がかじかみます。 薄手袋でもバルブキャップを外すのがまま成りません。 こうした細か仕事にいちいち手袋を外したりするのは面倒なことです。 そこで釣り用の指ぬきミトンとでも云うヤツを買ってみました。 

指ぬきミトンa.jpg

以外と実用的で、便利なものです。 バルブキャップを外すのに指先故に確実ですし、ミトン先端を再び戻すのに雑作はありません。 ベリーグッドです。
さらに、これなら厳冬期のトレッキング時の食事にも重宝しそうです。 氷点下での箸扱いが出来るかも。 入手したミトンは、先端を裏返しての固定方法がボタン式だったのですが、イマイチでしたのでベルクロ留めに弄って納得したのです。

さあ、我がバイクライフも残り三年です。 来年は、少し神仏にお願いをすることにしよう、もう本人の努力も限界だし。


  ●ブログトップページへJump!
  ●バイク記事の一覧へJump!
  ●当ブログの先頭頁へJump!
  当ブログはPC版用の構成です
  プロフ、リンク先等はPC版に

この記事へのコメント

  • うぞうむぞう

    こんちは
    もう何年絡み続けているのか忘れましたが少なくとも初代アオ号の前のX-11の時に助言を乞うたのが最初だと思います。
    俺ぃらの一周先輩で降りる時まで考えての最後のバイクがH2…そんな先輩たちばかりのPA茶話会、とっても興味がありますw
    2019年12月31日 07:18
  • 南行@ヨーイトナ

     うぞうむぞうさん:
    敬老会そのものですからねぇ、話が古すぎたり、繰り返しも多いんですよ。 頻繁にオシッコに行くし、行ったら帰りが遅くて心配になったりと、そりゃまぁ、私自身も含めて寂しいもんです。

    ただねぇ、高級マシンが多くて複数台所有が普通です。
    缶コーヒーでも買うように、「CBR1000RR-R」予約したですわとかサ。 おまけに今の高級パリガーレも売らないほどに余裕らしい。
    私なんか薄粥啜りながら、ヤットヤットのH2ですから付き合いが難しいです。

    来年こそはバイク日和が続いて欲しいですね。 では、よいお年をお迎えください。
    2019年12月31日 12:22
  • けむりぬし

    いかん、もう時間がない。年明けにコメントは不粋ですし。

    H2動画、堪能致しました。やっぱりド迫力ですね。

    今年もカワサキ大師参詣なのかな。

    2020年も良き走りを!

    2019年12月31日 23:55
  • 南行@ヨーイトナ

     けむりぬしさん:
    明けてしまいましたが、大晦日の宵の続きとしておきましょう。

    動画UPも神経使います。 さしさわり無く問題無しのモノしかダメですからねぇ。 何処でオウンゴールと成るかわかりませんから。

    初詣はカワサキ絡みの某所で御座います。 

    2019に引き続きご贔屓に。
    2020年01月01日 02:11