H2を日干ししてみた

全国的に都市部ではコロナ対策・緊急事態宣言中です。 ですので不要不急の外出は控えております。 いわゆるコロナ巣籠もりってやつですが、バイタルの低い70過ぎの老人にとっては、どうってコトも在りません。 私にとってのバイク散歩って緊張と恐怖感を越えてのイベントですので、外部要因での散歩中止は何となく楽な気分に成るのです。 緊張と恐怖感から逃れられるわけで、妙にちょいとばかりホッとするわけです。 と云っても電子制御マシンのH2はZX-12Rの様な刺激は無いので、そのホッとする程度も小さいんだけどサ。

そうした刺激の小ささ故にバイク禁断症状が起きにくいせいか、外出自粛なんてどうってコトは無いのです、このH2はサ。


20210223コロナ自粛1.jpg

2月21日の日曜に必要な所用があってコロンボ車で首都高に上がったのですが、ついでにバイク散歩時のコーヒーブレイクPAをチェックしてきました。 暖かく快晴であったのもあるが、そのPAはバイクが溢れていました。 見知ったバイクが総揃いで、25台ほども居たでしょうか。 
殆どが高齢ライダーで、マスク無しや顎マスクのスモーカーとか顎マスク缶コーヒー談笑が一部ではあるが見受けられたが、まあこんなもんでしょう。 このPAが特殊ではなく、繁華街の人出と同じく正常性バイアスと同調バイアスの成せる流れでしょう。

もちろん、ここでは誰にも挨拶せずに退散しました。 用心、用心。

辰巳20210221a.jpg

で、私も23日の天皇誕生日にバイク散歩して、終末にトレッキングに出掛けようと思ったのです。 そ、そんな揺れるアル中脳に、お日柄のせいかロイヤル微笑のバッカスが降りてきてご託宣を呉れたのです。 お日柄から日本の酒神にお出まし願いたいが大物主神(おおものぬし)と猥な響きなのでやめときました。
:辛抱したんやけんもだえたらいかんばい。危なかけん止めときなっせ。
:とろいこと云っとたらあかんわ、慌てる乞食は貰いが少にゃあがっ。

意外と品の無い言葉遣いだが、ああ、これこそが正常性バイアスと同調バイアスへの戒めよと我に返ったのです。

結局23日の天皇誕生日はミルフ号の虫干し・日干し・ヌード撮影会で終わったのです。 ちゃちゃっと十数枚撮って30分ほど、それで撮影会は終わってしまいました。 ところで、ヌード撮影会用にAPS-Cカメラを用意しているのですが、今だに使いこなせていません。 最近の電制マシンより使い方が遙かに難しいし、写真の質に大して興味も無いので適当に扱っているのです。 私にとってはオーバースペックなSONYーα5100なのです。


20210223コロナ自粛.jpg

そんなハイテク芸術より、DIY手遊び野生芸術のが好きなのです。
バイク散歩時にはヘルメットの他に手袋とかバイク専用眼鏡とか種々小物が在り、それらをトートバッグに入れて車庫まで移動するのですが、腰の無いトートバッグだと使い勝手がイマイチなのです。 腰砕けで内容物がゴッチャです。 そこでインナーBOXを仕込んで立ちトートにしています。 トートにフィットする段ボールBOXを仕込むだけです。 これが良いんです、とても。 これって古き昭和の私の母親世代が使っていた買い物カゴとか、築地に向かう寿司屋オヤジの魚河岸カゴとか、吉原は泡姫のファンシー・トートみたいな使い勝手を求めたサイズ構造です。

自粛命令aa.jpg

改造は暇つぶしにもってこいで、外付け水筒バッグ、カメラハンガー、内蔵棚とあれこれ遊べるのです。 それでも事足りずに、新ボックスを作ったりします。 納戸から青空ガレージへの工具持ち出しに最適なヤツを作ったりしてサ。 といっても、見栄えはどうでも良いですから段ボールの切り貼りに取っ手ベルト付けだけなんだが。

などと、バイクに絡めた妙なる自粛遊びも、あと2週間ほどで終わりそうだ。。。



老人の嘆きと御託 H2貧乏の老人
インナーBOX内蔵トートバック造りで暇つぶしは続いたりしています。
A4のファイルBOXとA3バインダーBOXを作ったが自立が不安定なので、ゴムロープでの繋ぎ一体化してみたりとか。
またや、下駄箱からトレッキングシューズを持ち出して車移動する場合、ゴミ袋入れだったのを専用トート化したのです。 下駄箱に入れていた収納BOXに吊り取っ手を付けただけなんだけど、完全満足したんだな。

DIYトートケースe.jpg

などと、バイクに絡まない普通の自粛生活も、あと2週間ほどで終わりそうだ。。。
桜薫る弥生三月は、キュッ、キュキュッなぁんて過給機の嬉し泣きが聞けるのかな。。。
といっても電脳制御が効き過ぎで、緊張感や恐怖感が足りんけどぅ。。。


ここまではプラス方向の話だが、かたやマイナス方向の話として3月半ばに高齢者免許講習があります。 コロナワクチン接種前の老人三密が避けられそうもありません。 身近に唾飛ばしながらのマスク無し爺様が居たりしますが、何なんでしょう、、、怖いっす。 隣席のそんな爺様が卒倒して、その救命をせざるを得なく無ったら、、、私の運も尽きです。



  当ブログはPC版用の構成です
  プロフ、リンク先等はPC版に

  ●ブログトップページへJump!
  ●ブログ記事の初日頁へJump!

この記事へのコメント

  • うぞうむぞう

    こんちは
    あと二週間で何があるのかと思ったら高齢者講習ですか、どうぞ変なGGIに疫病を染されませんように。
    それこそ二枚重ねの不織布マスクが必要かもしれません、変な奴らは声もデカいからね。
    コチラでは3府県の首長がこぞって今月末での解除を申し出るそうです、うちも仲間に入れてよーと泣きついたりとっとと解除させてくれよーと喚いたり中の人も大変です、その点では緑の狸さんは一貫されていて良いかと思います。
    個人的意見ですが居酒屋が数千軒潰れたってどうっていうことありません、もともと暴利をむさぼりながら計画的経営と真っ当な納税をしてこなかった報いなのです。
    2021年02月24日 19:32
  • 南行@ヨーイトナ

     うぞうむぞうさん:
    あと2週間ってのは緑の姐さんの自粛解除なんですけど、、、もう自粛慣れが普通に成っちまっています。
    爺様婆様達は耳が遠いせいか声が大きいし近くによってくるんヨ、、、迷惑っす、怖いっす。
    高齢者講習って、マジで対策を思案中です。 ったって、N95マスクと除菌ジェル&シートを使いこなしてどう凌ぐかしかないが。

    なんだか不思議な自粛保証で、有能な行政テクノラートが居ないんでしょうね。 総務省接待などを見るに嘆かわしい現状です。

    スズキが2021隼の発表と、トヨタとの資本提携に加えて鈴木会長の退任を明らかにしましたが、、、ここも人材に不足してんでしょうねぇ。
    実質50年以上もトップで91歳って、、、組織としては腐ると思うんだけどねぇ。
    2021年02月24日 23:53
  • けむり主


    ここ最近、帰りが遅くてネットすらせずに寝る、な日々が続いておりました


    >バイク散歩って緊張と恐怖感

    そうですよねえ、MC18や9Rのような自由度の少ないハイパワーのバイクに乗る時は常にそれはあったですし、それがないのはちょっとマズイですね。といっても乗り出したら、興奮状態に入って忘れちゃうわけで、逆に必要以上の恐怖なんかあったら身体が強張って上手く乗れないですし


    いつも同じように走れるわけじゃないのが飽きない秘密かと思っております。


    H2も大した迫力ですが、12Rもインプレ動画なんか見ますと、う~む、と畏敬の念が沸き起こりますあれは確かにスペシャルなシロモノですね
    2021年02月27日 20:11
  • 南行@ヨーイトナ

     けむりぬしさん:
    12RからH2へのシフトは天国への道かと期待してたんですが、、、違ったんですよ。
    バイクの魅力はパワーだけじゃダメだったんですよ。 御して楽しく遊べるパワーでなくっちゃ。

    ホイルスピン、パワーリフト、パワースライドを完封されると緊張と恐怖感が無し故に、乗らなかった休日の後悔とか残念な気持ちが大したことないんですよ。 かといって、トラコンOFFではピックアップが鋭すぎて御しきれません。 
    動物園の虎やライオンでも、最近はギミック狩り餌ゲットなどをさせてますが、、、それに賛成です、わかります。

    2021隼がパワーを下げて中間トルクを大幅に上げてますが、ひょっとするとトラコンOFFで遊べる設定なのかも。

    あと2年もH2に乗る心が続くかどうか微妙なんです。
    ダート仕様のR1-Z改で林道ツーなんてのも、現状より刺激と恐怖が楽しめるんじゃないかと思ってたりします。 
    2021年02月28日 07:52
  • けむりぬし


    出戻ったりしてー、マン号


    >ダート仕様のR1-Z改で林道ツー

    ケニーが乗ってたTZ750ダートラ仕様のノリですね2ストハイパワーのバイクで林道は・・・恐ろしいなあ
    2021年02月28日 22:35
  • 南行@ヨーイトナ

     けむりぬしさん:
    車両の多さ、移動式オービス、ドラレコ通報ケーサツの流行などで首都高の環境は難しいモノに成っております。

    >ケニーが乗ってたTZ750ダートラ・・・・・

    図星です、そのイメージであのままターンマックや舗装路もヤれる仕様です。 スーパーモタードをフラットロード側に大きく振ったイメージでとでも云いましょうかっ。
    モトクロスハンドルのR1-Z改にピレリ・スコーピオンラリーを履いて、それをホンダ・N-VANに積んで関東を彷徨うのだ。
    当然、テント仕様のN-VANにはトレッキング装備も積んでサ。。。

    んで、旅から帰ればミルフ号が待っているのです、、、完璧だっ。 
    2021年03月01日 19:08