R1-Zのゲットかも

新型コロナの緊急事態宣言解除と成りましたが、その感染拡大状況は変わりありません。 むしろ変異株による第四波の可能性在りとして、ひ弱な老人には憂慮すべき日常です。
巣籠もりが長引くと心身が萎縮しがちで、老人にとってはフレイルに直結しそうです。 そこで、先週のこと3月25日に軽くトレッキングして、27日(土)早朝にチョロッとバイク流しをしようとしていたのですが、トレッキング前日なる3月24日の日本医師会・中川会長の定例記者会見を見て、その抑制した表現ながらも剣が峰の今を云わんとする苦悩の姿をみて止めることとしました。 いまひととき模様眺めにしようかと、、、だって感染状況が宣言解除で一気に悪化する可能性も在るわけだから。


そんなんだが27日(土)のこと、バイクは乗らないとしても、天気は快晴にして絶好のお花見日和じゃないですか。 桜風そよぐ良いお天気で、酒宴お花見には出掛けないとしても、その陽気の良さにミルフ号の記念写真を撮ることにしました。 ガレージ近くに在る一本植え込み桜を背景にパシャパシャしたのです。

202103桜.jpg

202103桜反射a.jpg
《 禿げ進行記録として、ミルフ号タンクとツーショットしてみた 》

パシャしながらミルフ号と桜そのものを愛でただけでお酒を頂いておりません。 とうぜん長屋に戻ってからお酒をしこたま頂いたのです。
酔いの儘に炬燵でごろ寝をしていると、ピンポーンと尋ね人あり。 勧誘や売り込みかとドアホンモニターを覗けば、何やら怪しき黒ずくめの影が。 どちら様と問えば、柴又の帝釈天様とかで、エエーッの で御座います。 よく分からないが私めの善行を賞してバイクが貰えるんだって。 ますますっす。
葛飾区の老人サービスでもかと急いで玄関を空ければ、なにかしら見たことのあるお姿。 躊躇する私に2021隼とR1-Zのどちらが欲しいかと問うので、、、R1-Zが欲しいと云ってみました。 するとその黒ずくめにして品のあるお方は、私の欲意地のはらない心を賞して二台とも呉れると云うのです。 葛飾版の ”金の斧銀の斧” かよっ。 いずれにしてもアリガタヤ、ありがたや。

帝釈天選択.jpg
《 柴又帝釈天にある絵馬が説く帝釈天様像、なかなかシュールだ 》

と、まあ、四月一日に相応しい酔夢のような話だが、、、実は続きがあったのです。


こんなお気楽酒好き老人にも、時にはタナボタとか果報は寝て待てなぁんてのも在るのです。 とあるお話を頂きました。 R1-Zを始末して欲しいと。
田舎の農家の納屋でバイクが朽ちているなんて事はよく在りますが、似たような話が行ったり来たりして、回り回ってR1-Zの話が私の所まで来たのです。 そうさな、たぶん、一升瓶を2本ほど持っていってバーターになると思うのです。

20210401-R1-Zxf.jpg
こうとなれば、トランポとしてのN-VANを本気で探さなくっちゃあ。 新車は無理だけど程度の良いのを見つけよう。 ひょっとすると、来年の今頃にはワクチン効果でコロナも収まり、RI-Zを積んだN-VANで関東周辺の四季を味わい流せるかも。 


嗚呼、桜吹雪に酒が旨し、酔夢は林道ツーリングを謳歌桜花して老旬老春と嘘駆け巡る。


老人の嘆きと御託 H2貧乏の老人
先日、高齢者免許の講習に行ってきました。 最寄り駅より二駅目にある自動車教習所へ、コロナ最善対策のうえでのビビリ道行きでした。  

予約受付から進んでみれば、春の暖かさゆえか窓開けっぱなし教室にしてパーティション仕切の机があり、7人定員の環境でした。 まずは座学でしたが知識・情報講習は無しで目の検査だけでした。 視野角と動体視力だけでしたが、脳体共に危うき老人7人が順番にやるわけで1時間は過ぎてしまったのです。 次に実車講習ですが、各個人が運転して10分弱ほどコースを流すのです。 
まずその車ですがオートマ・カローラで、今はクラウンじゃ無いのね。 換気の為に全ウインドウは全開で、そして車内中央縦方向にビニールシートが垂れ下がっており、精一杯のコロナ対策がしてありました。 実車講習は教習官+生徒二人の前後乗車にして試験ではありませんので、お気楽適当流し。 
希望車種はマニアルシフトと記入はしたが、当然だがマニアルは無かったのです。 そしてそのカローラだが、クランクゲート・オートマだったんだな、、、って初めての経験。 んで、んで、車庫入れでバック・シフトポジションが分からなくって教習官に教えて貰ったな。。。 さらにバックしようとバックミラーを見たら見当が悪くって愚痴ったのです。 「なんだよこれっ、見えねーだろっ」とクレーム態度で無理車庫入れしたのです。 後席の同乗者もククッと笑いながら、車内は若い教習官に遠慮せずに老人達のかって振る舞いとなったのです。 

全てを消化したが、視力検査も実車講習も老人性の危ういもので、、、若い教習官は年上の老人達に小声で遠慮がちに呟いていたな。 もし試験なら合格の方はおられません、ってサ。 ハハ、フフ、突然に激高する老人も居るから控えめな物言いに成るわなっ。。。

2021隼ポスターa.jpg

高齢者免許の講習から2週間が過ぎたが、発熱等の症状も無く感染はしてないみたい。
かようなる現実に一安心しながら、まわりで誰か2021隼を買わんかと、探りは入れております。 後出し最新6軸IMU搭載・電脳マシンを転がしてみたいのです。 懲りない老人です。 


  当ブログはPC版用の構成です
  プロフ、リンク先等はPC版に

  ●ブログトップページへJump!
  ●ブログ記事の初日頁へJump!

この記事へのコメント

  • うぞうむぞう

    こんちは
    いよいよバックヤードレストアラーの始まりですかい?
    未だ現行が終了して10年ぐらいだからパーツはあるのかね。
    250の大古車の値段もぼちぼち上がってきているから動くようにレストア出来たらいいかもね…、俺ぃらにはそんな根気がありませんが。

    ところでンダのジャメリカンの話はどうなったんでしょうか?
    2021年04月01日 21:38
  • けむりぬし

    カタールGPの翌日、ホンダから連絡がありまして、この窮状を何とかしてほしいとのオファーが参りました。

    仕方がないので、マシンのカラーは四国遍路をイメージできるものにすること、ライダースーツは白装束風で背中に「南無大師遍照金剛」の文字、ヘルメットはアライ特注の菅笠風(空力効果の期待大)のものを用意すること、あとはマルクが復活するまでの間だけだぞという条件をつけて助っ人を引き受けました


    来週、もてぎでRC213Vのテストを予定してます。早ければ第3戦のポルトガルGPからサプライズ出場することになりそうです




    あ、ここだけの話でお願いしまーす
    2021年04月01日 21:56
  • 南行@ヨーイトナ

     うぞうむぞうさん:
    R1-Z手前の筵、納屋の壁に ”四月馬鹿” ”April fool” と分かりやすくしたんだけどネ。

    来年も宜しくお願いいたします。
    2021年04月02日 03:13
  • 南行@ヨーイトナ

     けむりぬしさん:
    そのうわさ聞きました。 RC213Vのエンジンが扱いにくいので愛媛のケン・マツウラレーシングが手を入れているとか。 その流れで高知のあるライダーが急遽抜擢されたとかでしたが、そうでしたか、Yenyouって何処かで聞いた響きだと思ってました。

    それと抜かりは無いと思いますが、スーツ裏に賢見神社のお札を縫い込むのをお忘れ無きよう。 健闘を祈る。 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    最近は関西人より ”いごっそう” のがノリがイイんだね。
    2021年04月02日 03:28
  • うぞうむぞう

    ちくしょーーーーーーーーorz.
    2021年04月02日 08:03